Nintendo Switch、こっそりワイヤレスUSBヘッドフォンに対応。最新アップデート4.00で発見される
Nintendo Switch本体の最新アップデート4.00に、任天堂が公式には発表していない「ワイヤレスUSBヘッドフォン対応」が含まれていることが明らかになりました。

対応しているのは、レシーバーのUSBドングルを接続して使用するタイプのもの。海外掲示板のRedditユーザーが、ソニーのGold Wireless Stereo Headset(日本版はワイヤレスサラウンドヘッドセット)で確認が取れたと報告しています。10月19日に配信された本体機能更新4.00ではプレイ動画の録画やデータ引っ越しなど様々な機能が追加されましたが、こっそりワイヤレスヘッドフォンにも対応していました。

ニンテンドースイッチが待望のプレイ動画撮影とデータ引っ越しに対応。システム4.0.0配信開始

USBレシーバーをSwitchのドックに挿しこむだけで、ボリュームスライダが画面に表示され、特に設定は必要ありません。

USBドングルを挿せるポートがドックにしかないため、使用は基本的にはTVモードに限られます。が、USB-C変換アダプタを介することで携帯モードでも利用できます。

検証されたソニー製品に限らず、他にも様々なワイヤレスUSBタイプのヘッドフォンに対応しているとのこと。Bluetooth接続のヘッドフォンについては、やはり未対応のままです。

音声を一方的に聴くことについてはヘッドフォン配線の紐付けから物理的に解き放たれましたが、双方向のボイスチャットではスマホとのケーブル接続がなおも必要なまま。あともう一歩踏み込んだ「進化」を期待したいところです。

HORIの『スプラトゥーン2』用ヘッドセットは2本ケーブル接続。「任天堂スイッチはゲーム専用機」を貫くため?