【身近な物で簡単♪】「リボン」の手作りハロウィンリースが可愛い

写真拡大 (全3枚)

年々盛り上がり度合いが過熱しているハロウィン。コンビニエンスストアやスーパーにもハロウィン関連グッズが展開され、これまで気になっていなかったけれど、今年はハロウィン気分を楽しみたくなったという人も少なくないのでは?

●ハロウィンの飾りは身近な物とアイデアで手作り

私も自宅にハロウィンの飾りが欲しいと思い立ち、いざ雑貨店に行ってみると、意外とお値段が高いことに気づく。もう少しリーズナブルに、飾りを手に入れることはできないものかしら?

「例えば、家庭にありがちなプレゼントの包装紙や色紙のあまりなど、身近な物でもハロウィンの飾りをアイデア次第で作ることができますよ」

そう話すのは、株式会社シモジマのWRAPPLE渋谷店 店長・谷口洋平さん。株式会社シモジマは包装紙や紙袋、店舗用品などの専門企業。谷口さんが勤めるWRAPPLE渋谷店は、ラッピングやペーパーアイテムの販売はもちろん、店舗内にはカフェスペースも設置。また、ワークショップも開催している。

「例えば、お子さまの誕生日プレゼントなどでつけたリボンがご家庭にたくさん余っていたら、モンスターリースを作ることができます。同じ色のリボンがそろっていなくても大丈夫。複数の色が混ざっている方が楽し気に仕上がります」(谷口さん、以下同)

さっそく、そのモンスターリースの作り方を作ってみることに!

●リボンも集まるとフワモコなモンスターリースに

【材料】

・リースの土台(軽めであり、ドーナツ状の物が良い)

・ワンタッチリボン

・色画用紙

・目玉シール

【作り方】

(1)ワンタッチリボンを1mにカット。

(2)両端の中央を揃えて持ち、真ん中の紐を静かに引く

(3)リボンを片側に引き寄せ、きれいな花を作ったら、リボンのねじりを整え、中央の紐を結んで根元を固定

(4)土台に(3)のリボンを結んでつける。今回土台は段ボールにしました。

(5)(1)から(4)を土台が見えなくなるまで繰り返す。

(6)最後に画用紙で作った歯と目玉シールを付ければ完成。

実際、作ってみたのが上の画像。いかがですか?

ちなみに、リボンは材質も色も様々。なるべく同系色のリボンでまとめてあげると、統一感が出やすくキレイに仕上がりそうですが、あえてバラバラなカラフルな色でも楽しく仕上がりそう。

もう少し制作工程をラクにしたいなら、谷口さんが前述で話していたように、プレゼントの包装紙などにとりつける“すでに花が出来上がっていているタイプ”を選べばOK。その場合は、土台にペタペタ両面テープなどで固定するだけ。

緑色で作れば、ハロウィンの後はクリスマス、そしてお正月…と、飾りを変えるだけで何かと応用が効きそう。せっかくのハロウィン、子どもと一緒に作るといい思い出作りにもなりそうですよ!

(文・団子坂ゆみ/考務店)