46歳のベテラン・宮瀬博文は19位発進(写真は2013年アジアンツアーQT)(撮影:GettyImages)

写真拡大

来季のツアー出場権をかけた戦い、男子クォリファイングトーナメント(QT)のサードステージが太平洋クラブ 益子PGAコース(栃木)とホウライカントリー倶楽部(栃木)の2会場において本日24日(火)より4日間の日程でスタートした。

太平洋クラブ 益子PGAコースでは、“63”のビッグスコアをマークした狩野拓也が8アンダー単独首位発進。3打差2位タイに幡地隆寛、平井伸泰、張進、ユン・セジュン、ギャレット・サップが続いた。また、ツアー通算7勝を誇るベテラン・宮瀬博文は2アンダー19位タイとまずまずのスタートを切っている。
一方のホウライカントリー倶楽部は日没のためサスペンデッドが決定。6アンダー暫定首位に深沢尚人、2打差暫定2位タイに池見和輝、江尻壮がつけている。
サードQTは前述の2会場を含めた全6地区において4日間72ホール競技で実施。各会場の上位者が最終ステージのファイナルQTに進出する。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

2017年日本男子ツアー・サードQT成績
川岸史果がファイナル進出!2017年米LPGAツアーセカンドQT最終成績
2010年全英オープンで日本勢奮闘!宮瀬博文が予選を通過
石川遼は歴代覇者2人と同組 弟・航はツアー3戦目に挑む【マイナビABC】
石川遼が参戦濃厚?2018年ウェブドットコムツアー日程