画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Googleと世界中の優れたWebデザインやイノベーティブなWebを表彰するawwwards.comの両者は、「The Mobile Excellence Award」を開始、優れたモバイルWebエクスペリエンスを表彰していくことを公式ブログのひとつGoogle Developers Blogで紹介している。

awwwards.comは、週/月/年と各時系列で投票を募り、実績のある専門的なデザイナーやディレクターなどから構成される審査メンバーを加えた採点により参加WebサイトのWebエクスペリエンスを表彰しているが、今月からは、Googleと提携したモバイルWebエクスペリエンスを称えていく構えだ。ガイドラインはWeb上に公開してあるが、モバイルへの親和性はもとより、細部にわたるロード時間などのスピードからソースコード、HTTPSやHTTP/2の使用など細かな環境面での記載もある。デザインとともにパフォーマンスを中心とした開発サイドの項目が多い。Mobile Site of the Week、Mobile Site of the Monthとノミネートを重ね最終的には、来年2月にベルリンで開催されるAwwwards Conference in Berlin 2018で表彰される。

Google Developers Blogにおいては、今日のモバイルWebでは53%のユーザーが3秒のロード時間を我慢してくれないと指摘、世界平均では22秒になる現状を考えると、企業をはじめモバイルWeb改善の優先度を上げるべきことを掲載してある。