広島出身の4人組バンドGoodbye holidayが来年1月24日に、自身2枚目となるミニアルバム『ドッペルゲンガー』をリリースすることを発表した。

 7曲入りの本作に収録される新曲「Writing Life」は、現在テレビ東京系列で毎週水曜夕方6時25分から放送中のアニメ『遊☆戯☆王VRAINS』の11月からのエンディング曲に決定した。

 作詞を担当した福山(Ba)はこの楽曲について「十代ど真ん中を突き抜けた『遊☆戯☆王』、そのEDを担当させて頂けるとは夢にも思いませんでした。この曲は当時の自身へ宛てたものです。誰かの味方になりますよう願いを込めて」とコメントしている。

 さらに、本作には福原遥主演の映画『女々演(じょじょえん)』の主題歌「きらり」も収録される。映画は来年公開予定。

 また2018年1月27日には、バンドの地元・広島で自主企画が開催される事も決定。同時に、phatmans after schoolの出演も発表された。phatmans after schoolの他にも、ライブ活動をおこなう中で曲だけでなく人柄も素晴らしいと感じたバンド、共に高め合えたバンドを招いたイベントとなる予定。