「神戸ルミナリエ」約40万球の光が織りなすイルミネーション、仲町通り〜東遊園地に“光の回廊”が出現

写真拡大

「第23回神戸ルミナリエ」が、2017年12月8日(金)から17日(日)まで開催される。

阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めるとともに、都市の復興・再生への夢と希望を託し、1995年より開催されている「神戸ルミナリエ」。23回目を迎える2017年もまた、神戸の冬を彩る荘厳な光の芸術作品を贈りだす。

作品テーマは「未来への眼差し」。神戸が歩んだ150年間の歴史を回顧し、そして同時に、私たちの夢を叶えるために、私たちの瞳に希望の光を灯し、前方に広がる未来を見つめよう。そんな想いが込められた。神戸開港150年、2018年が兵庫県政150周年であることから、2017年は大きな節目にふさわしい大規模な作品が充実している。約40万個のLED電球からなるイルミネーションが街を包み込む。

仲町通りに華やかな回廊が出現

メイン通りとなる旧外国人居留地の仲町通りは、作品展示の距離を延長。起点を昨年までの京町筋交差点東詰から、約80m西側の浪花町筋交差点の東詰に移し、約270mにわたる範囲で光の世界を繰り広げる。

会場の入口は巨大な塔と、それに続く光の壁、さらにその奥にアーチ状の装飾による玄関作品「フロントーネ」を配置。「フロントーネ」から続く「ガレリア」には、側面をアーチ状の壁と、「ウイング」と呼ばれる装飾を1基ずつに施した、明るく華やかな回廊が出現する。

東遊園地は、光の回廊と壁が織りなす幻想世界

仲町通りを通り抜けて到達する東遊園地には、三連の光の回廊作品「ガレリア」と光の壁掛け「スパッリエーラ」を組み合わせた壮大な作品が。光の聖堂「カッサ・アルモニカ」に至るまでの幻想的な空間を創造。「ガレリア」の東遊園地への設置は、今回が初めてのことだ。

【開催概要】
開催期間:2017年12月8日(金)〜17日(日)
開催場所:旧外国人居留地および東遊園地
点灯時間:
月〜木 18:00頃〜21:30
金 18:00頃〜22:00
土 17:00頃〜22:00
日 17:00頃〜21:30
※混雑状況により点灯時間を繰り上げる場合あり。
※土・日においては薄暮に点灯する可能性あり。
※荒天の場合は、点灯を見合わせる場合あり。


[写真付きで読む]「神戸ルミナリエ」約40万球の光が織りなすイルミネーション、仲町通り〜東遊園地に“光の回廊”が出現

外部サイト

  • 「目黒川みんなのイルミネーション2017」開催、42万個以上のLEDで"冬の桜"演出
  • 大人の「ハロウィンナイトプールパーティー」オーシャンビューのプールで仮装、神戸みなと温泉 蓮で
  • 「イルミネーション ミュージアム 2017」西新宿の街全体がイルミネーションに、宇宙がテーマの点灯も