2017年F1第17戦アメリカGPがサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(5.513km、周回数56周)で開催されました。

アメリカ、テキサス州にあるサーキット・オブ・ジ・アメリカズ、通称COTAでのF1開催は6年連続6回目。スタート前の国歌セレモニーでは、ドライバーがスペシャルゲートから登場するというアメリカーンな演出もあり(まるでプロレスの入場シーンみたい!?)、決勝へのボルテージが更に高まります。

スタートクラッチシステムを昨年の物に戻したという2番手のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)はこの変更が功を奏し、スタート直後にインからポールシッターのルイス・ハミルトン(メルセデス)をパス!

スタート直後の上位勢の順位は首位ベッテル、2番手ハミルトン、3番手バルテリ・ボッタス(メルセデス)、4番手ダニエル・リカルド(レッドブル)、5番手エステバン・オコン(フォースインディア)、6番手キミ・ライコネン(フェラーリ)となりました。

4周目ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)がマシントラブルのためリタイア。日本GPに続き2戦連続リタイアと、不運が続きます。

スタートで首位を奪われたハミルトンはファステストラップを刻みながら、ベッテルに近付きます。そして6周目のバックストレートでDRSを駆使しオーバーテイク! ベッテルもなんとかポジションを守ろうとしますが叶わず、ハミルトン首位・ベッテル2位と順位が入れ替わりました。

パワーユニットのエレメント交換ペナルティにより、16番手スタートとなったマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は驚異の追い上げを見せ、9周目には6番手に。上位勢の争いに食い込んできました。

調子の良いフェルスタッペンとは反対に、残念な結果となってしまったのがチームメイトのリカルド。15周目にエンジントラブルでリタイアとなってしまいました。

16周目、ベッテルがウルトラソフトタイヤからソフトタイヤに交換。その3周後にハミルトンもピットインし、同じくソフトタイヤに交換しました。どうやら1ストップ作戦でいくようです。

レースが順調に進む中、37周目にフェルスタッペンが2回目のピットイン。スーパーソフトタイヤに交換します。そして38周目、ソフトタイヤで苦しんでいたベッテルも2ストップに変更。スーパーソフトタイヤに交換し、4番手まで順位を落としてしまいましたが、ここからの追い上げに期待です。

首位ハミルトン、2番手ボッタス、3番手ライコネンはステイアウト。1ストップと2ストップに作戦が分かれ、レースが面白くなってきました!

42周目、ライコネンがターン12でボッタスをパス、2番手に浮上しました。コースレコードを更新しながらボッタスに近付くベッテルは52周目、ターン1でボッタスをパスし3番手へ! さらにチームメイトのライコネンにチームオーダーが出され、2番手ベッテル、3番手ライコネンとなりました。

52周目、ペースが上がらず苦しむボッタスに5番手のフェルスタッペンがしかけますが、順位は変わらず。とその直後にボッタスはたまらずピットイン。4番手フェルスタッペン、5番手ボッタスになりました。

最終ラップ、フェルスタッペンがターン17でインを突き、ライコネンをパス。3番手表彰台を獲得し、チームもフェルスタッペンも大喜び! しかし、喜んでいるのも束の間、フェルスタッペンはライコネンを抜く際、トラックリミット(走行しても良いコース幅)を越えていたことから5秒加算ペナルティを科せられてしまったのです……。

4番手のライコネンとの差は4秒だったため、3位ライコネン、4位フェルスタッペンと順位が入れ替わり、フェルスタッペンにとって後味の悪いレースとなってしまいました。

今年のアメリカGPは乳がん啓発活動としてサーキットのあらゆる所にピンク色が施され、なんだか可愛い雰囲気に。ピットレーンやウルトラソフトタイヤのラインをはじめ、TV局のインタビュー用マイクまでもピンクに変わったのですが、なんとポディウムキャップもピンクになってるー! 新鮮でいい!と思っていたのですが表彰式が終わった途端、物凄い勢いで飛ばしたライコネン。ピンクのポディウムキャップ、よっぽど嫌だったのでしょうね(笑)。

インタビュアーには「人類史上最速」と呼ばれる、元陸上短距離選手のウサイン・ボルトが登場。ハミルトンは「僕にもあのポーズ教えてよ!」とボルトと一緒に「ライトニング・ボルト」を披露し、まるで子供のような無邪気な笑顔を見せてくれました。

そしてアメリカGPでメルセデスの4年連続となるコンストラクターズチャンピオンが決定! ハミルトンはウイニングラップ中にチーム無線で「ガレージの皆、そしてファクトリーで働いている皆、素晴らしい働きをありがとう。この働きにふさわしいチャンピオンだったと思う」と感謝のメッセージを送りました。

それにしても、今年もメルセデスは本当に強かったですよね。4年連続チャンピオンおめでとう!!

アメリカGPリザルトは以下の通りです(ポイント圏内のみ)。

順位/No./ドライバー/チーム
1/#44/ルイス・ハミルトン/メルセデス
2/#5/セバスチャン・ベッテル/フェラーリ
3/#7/キミ・ライコネン/フェラーリ
4/#33/マックス・フェルスタッペン/レッドブル
5/#77/バルテリ・ボッタス/メルセデス
6/#31/エステバン・オコン/フォースインディア
7/#55/カルロス・サインツJr/ルノー
8/#11/セルジオ・ペレス/フォースインディア
9/#19/フェリペ・マッサ/ウィリアムズ
10/#26/ダニール・クビアト/トロロッソ

(yuri)

メルセデスが4年連続コンストラクターズチャンピオンを獲得!ライコネンがポディウムから勢いよく飛ばしたものとは?【2017年F1第17戦アメリカGP】(http://clicccar.com/2017/10/24/519066/)