ヒントン・バトル ダンスアカデミー、二期生オーディションでLINE@による映像審査を実施

写真拡大

 ヒントン・バトル ダンスアカデミー(HBDA)が、現在募集している2018年度入学の二期生オーディションで、映像1次審査を実施する。

(関連:オーディション番組『ラストアイドル』なぜ人気? 1対1バトルで“波乱の展開“続く

 HBDAは、トニー賞助演男優賞も受賞したダンサー/振付家/シンガーのヒントン・バトルがプロデュースするダンサー養成機関として、2017年4月に開講した。同校では、バレエ/モダン/HIPHOP/リズムタップの4ジャンルのダンスを学ぶことができる。

 この映像審査は、11月25日に東京・新宿村スタジオで行う1次審査に来れない応募者にむけて実施されるもの。応募者はHBDAのLINE@アカウントへ映像を送り、通過した場合11月26日に同スタジオで行う2次審査に進むことができる。オーディションに合格した場合は、ダンスレッスンを最大3年間無料で受けることができる。(リアルサウンド編集部)