画像提供:マイナビニュース

写真拡大

海外旅行へ行った時も、自分のスマートフォンを現地でそのまま使いたいものだ。キャリアのローミングサービスを使ったり、Wi-Fiルーターを借りたり、現地でプリペイドSIMを買ったりと、海外でスマートフォンを使う方法はいろいろと用意されている。

しかしスマートフォンの海外利用を考えているのは日本人だけではない。海外から日本を訪れる外国人にとっても、日本でどうすればインスタやフェイスブックが使えるかを悩んでいるのだ。そんな訪日客のために、日本のWAmazingが面白いサービスを提供している。なんと訪日客向けにプリペイドのSIMカードを無料で配布しているのだ。

SIMの受け取りは自販機を利用するので、言葉に慣れない外国人でも簡単に受け取ることができる。また日本の空港に係員を配置する必要も無い。どのようなサービスなのか、まずは動画で見てみよう。

WAmazingの無料SIMは、アプリとセットで提供される。海外を出発するときにスマートフォンにWAmazingのアプリをダウンロードし、アプリの中からプリペイドSIMの予約を行う。なお現時点では香港と台湾からの来訪客をターゲットとしており、ダウンロードはこの両国のみで行えるとのこと。

プリペイドSIMの受け取り場所は成田国際空港(T1、T2、T3)、関西国際空港、中部国際空港の3カ所。到着日時や受け取り場所はアプリで指定できる。なお日本に到着する少なくとも4時間前までに予約を行う必要がある。またアプリを使うためにはクレジットカードの登録も必要だ。

無料でもらえるSIMは500MBのデータ通信を15日間利用できる。500MBを使い切った後は、500MB=999円/1GB=1,499円/1.5GB=1,999円で料金を追加できる。日本でも海外からの訪日客用のプリペイドSIMがいくつか販売されているが、それと比べても十分リーズナブルな料金だ。また通信回線はドコモのLTEまたは3Gを利用できる。

そしてアプリからはタクシーの予約、乗車後の支払い、また日本国内のホテルの予約もできる。ホテルの予約を行った場合は、宿泊料金に応じて無料データ利用分を獲得することもできる。つまりこのアプリがあれば、日本での宿の手配や移動の手配も自由に行うことができるのだ。自分のスマートフォンでもデータ通信できるため、日本を訪れる外国人にとってかなり有用なサービスと言えるだろう。

WAmazingの無料SIMは空港の自販機を使う。スマートフォンアプリでSIMの申し込みを行えば、後ほどQRコードが表示できる。そのQRコードを自動販売機のカメラ部分にかざし、タッチパネルの無料SIM入手のボタンをタップ、あとは販売機の赤ランプが付いたボタンを押せばSIMが出てくる。

SIMのパッケージにはSIM交換用のピンも入っているので、その場で海外のSIMとWAmazingのSIMを交換できる。交換後は付属のマニュアルに従ってデータ通信設定を(APN設定)を行えば、すぐにデータ通信を利用できるというわけだ。あらかじめクレジットカードを登録しているので、無料通信分を使い切ったとの追加分の購入もアプリから即座に行える。

アプリは日本語にも対応しているので、海外在住の日本人が日本へ帰国の際に使うことも可能だろう。今後はSIM受領空港の拡大と対象国を拡大することが求められる。2020年のオリンピックの時は、多くの訪日客が空港で無料SIMを受け取り、日本国内を自在に旅することができるようになっているかもしれない。今後のサービス拡大に期待したいものだ。