(左から)草剛さん、稲垣吾郎さん、香取慎吾さん

写真拡大 (全8枚)

11月2日(木)夜9時から11月5日(日)夜9時にかけて、インターネットテレビ局・AbemaTVで放送される番組「72時間ホンネテレビ」に先駆け、メインで出演する稲垣吾郎さん、草剛さん、香取慎吾さんの3名がコメントを発表した。

【稲垣、草らが生番組への意気込み語る 香取「草剛の暴走を防がなければ」の画像・動画をすべて見る】

独立後、初共演となる「72時間ホンネテレビ」

「72時間ホンネテレビ」は稲垣吾郎さん、草剛さん、香取慎吾さんの3人が独立後初めて共演する番組。

「ありのまま」と「感謝」をテーマに、“今までできなかった”ことを実現していく姿や、これまで語られなかったこと、そしてこれからへの想いをじっくり伝えていく内容になるという。

同番組へは、市川海老蔵さんや堀江貴文さん、亀田興毅さん、キャイ〜ン、関根勤さん、山田孝之さん、GLAYらのゲスト出演も決定。のべ72時間にもわたる前代未聞の生放送を盛り上げていく。

今回、そんな同番組で挑戦したいことや意気込みを、それぞれからのコメントで発表。三者三様のSNSへの価値観や、お互いへの印象なども語られている。

稲垣吾郎「新しい形のテレビをつくっていけたら」

──「72時間ホンネテレビ」でやってみたいこと、行ってみたいところはありますか?

稲垣 72時間生放送は初めてのことなので、未知の世界、想像もつかないですが、逆にどういったものを求められてるのかなとか、試行錯誤しながら、足並みを揃えながら、着々と前に向かって進んでいる最中なんです。

今まで、地上波のテレビでできなかったことや「AbemaTV」さんだからできること、インターネットだからできること、SNSだからできることっていうのが確実にあると思うので、“ホンネテレビ”ということで、かなり本音に迫って、みなさんが聞きたいことにお答えしたいですね

同時にブログとかインスタをやるので、リアルに視聴者の方と向き合いながら、リアルに対話して番組をつくっていくことができる。もちろん、気持ちの中では、いつもブラウン管の向こうとか視聴者の方と対話しながらやっているんですが、本当にダイレクトにそれが入ってくるというのはまだ経験がないので。

SNSとかに対しては、わりかし無頓着な方なので、今、勉強中なんですが、それを駆使しながら新しい形のテレビをつくっていけたらなと思っています。

あとは、それぞれの個性を生かしたこととか、今までできなかったけれども、3人でやってみたいなと思ったこととか色々あるので。

いろいろな人に会いたいとか、いろいろな人に気持ちを伝えたいとか、そういうこともしたいので、もしかしたら72時間じゃ全然足りないぐらいのものかもしれないですし、期待していただきたいと思います。

──今回番組決定と同時にそれぞれ初めてSNSを開設されましたが、第一声は何をつぶやきたいですか?

稲垣 実はまだ決めていないんです。でも、その時の気持ちで、素直でいいんじゃないのかなと思って。だって今ここでそれ言ったら、おかしいですよね?(笑)。

まあ、本当にお待たせしましたということと、本当に今まですごく心配してくださったりとか、そういう気持ちは伝わってきても、いただいているものに対してあんまりお答えすることができなかったことが多かったと思うので、本当にその感謝の気持ちじゃないかなって。

言葉は、本当にその時の思いつきというか、ラフな感じなのか、硬くなっちゃうのわからないですけど、リアルな気持ちで。

前もって考えるとかではないものだし、特にSNSの世界は、その時にダイレクトに気持ちを伝えられると思うので。新鮮に、フレッシュな感じを。その時まで待っててもらいたいなっていう感じです。思いはいっぱいありますので、それは3人とも一緒だと思います。

──芸能活動約30年間の歴史の中で初めてのことであると同時に、「AbemaTV」としても開局以来、最長となる長時間生中継番組への意気込みを教えてください。

稲垣 まず72時間もやっていただけるということは、本当に感謝したいですよね。なかなかないですからね。やる方も見る方も、スタッフさんも僕らも、みんなが未知の世界でしょうし。

想像がつかないんですけれども、ありがたいなという気持ちです。できれば72時間ぶっ通しで見てくださった方がありがたいですけど、見る方も疲れちゃいけないと思うし。その辺どういう感じなのかなって。

ネットのテレビと普通の地上波って、なんとなく僕が自分で見ていても求めるものが違ったりするじゃないですか。基本的には健康志向なんで、自分の健康、自分の感じはキープしつつ、ムリすることとか記録に挑戦することではない、そっちの方向性ではないと思うので、楽しみながらそれぞれのペースで、気楽にできればなって。それで、リアルな気持ちが伝わればなと思います。

スタッフの方は大変ですよね。まだ、まったくわからないですが、頑張りたいな、頑張ります。

草剛「僕は、打ち合わせをしない」

──「72時間ホンネテレビ」でやってみたいこと、行ってみたいところはありますか?

草 市川海老蔵さんと会えるのもすごい楽しみです。決まっていることがパラパラあるんですが、僕にはなんかあんまり教えてくれなくて、ネットのニュースを見たら関根勤さんが出ることが決まっていたりとか、僕のところには降りてこないのはなんでなんだろうと。

多分、皆さんと同じタイミングで知ってるんじゃないかな(笑)。これが冗談じゃなくて事実なので恐いなって(笑)。

でも、それも踏まえて自分が楽しんでいて、やっぱりネットって情報が速いなと思います。キャイ〜ンさんも出てくださるし、盛りだくさんですよね。

何がやりたいのかなって考えるんですけど、僕、10時になったら眠くなっちゃうんで、だから寝たいですよね〜(笑)。どう考えても72時間寝ないでやるのはムリなんじゃないかなと思うので。

でもあまり「寝たい寝たい」と言うと、本気で怒られるみたいな雰囲気になってくるんです。「オマエ寝ることばっかり考えてて、番組のこと考えてないじゃないか」って(笑)。

改めて3人になって、大きな壁ではないですが、今まで経験したことのない、この大きなものをどうやってやるのかなというのが一番楽しみですかね。

──今回番組決定と同時にそれぞれ初めてSNSを開設されましたが、第一声は何をつぶやきたいですか?

草 とりあえずは3人で「よろしくお願いします!」みたいなことをつぶやこうか、という感じなんですけど。3人同時にやろうってこの前、言っていたので、「よろしくお願いします」かな

──稲垣さんは先に言っちゃったら楽しみがなくなるからダメとおっしゃっていましたが?

草 言ってたの!? それでオレがここで言っちゃった? まあ、そういう話だったんですよ(笑)。でも、どうなるかわからないから。

あれもちょっと、本当なのかどうかっていうのがあったけど、まあオレは本気にしてるんで、そういう感じになるんじゃないかなって。たぶんね。

──芸能活動約30年間の歴史の中で初めてのことであると同時に、「AbemaTV」としても開局以来、最長となる長時間生中継番組への意気込みを教えてください。

草 30年もやってるんですか、オレ? 長いな〜!

改めて言われるとスゴイなと思って。でも何にもできてないなって。だから、貫禄とか見せたいですよね。30年やってきたからね。「やっぱり、もってるじゃん」みたいな。「いざとなったらやっぱり草くんだよな」というところを見せてやりたい(笑)。

オレは打ち合わせしてないんですけど、慎吾とかはすごい打ち合せしてて、全部オレが仕切ってるみたいな感じで「つよぽんは大丈夫だよ、その中で遊んでくれれば」みたいな雰囲気で(笑)。

でも72時間にもなると、すごい緻密に打ち合わせしてても絶対にアクシデントとかあると思うんですよ。だからそういうところで、緻密に打ち合わせしてても、一番大事なのはライブ感だっていうところを2人に見せつけたいし、世の中の人にも「やっぱり草あっての72時間だな」って思わせたい。だから僕は、打ち合わせをしない(笑)。打ち合わせしても忘れちゃうので。

「とりあえず剛くんは“ユーチューバー草”がトレンド入りしたからそれで推していこう」みたいな空気がある(笑)。それだけで72時間はできないじゃないかって思うけど。

僕自身がアナログの人間なので、それをみんな楽しんでる感じがあって、それはそれでいいかなと。

草 今回「AbemaTV」を初めてご覧になる方もいると思うし、僕自身も3日前ぐらいにダウンロードしたので、僕はアナログの方に対して、いかに楽しい「AbemaTV」っていうのがあるんだよっていうのを伝える係だと思っていて。

慎吾ちゃんと吾郎さんとは違う役回りだとは思っているし、もちろん同じことはできないので、そこら辺はバランスが取れてるんじゃないかと思ってます。

香取慎吾「草剛の“暴走”を防がなければいけない」

──「72時間ホンネテレビ」でやってみたいこと、行ってみたいところはありますか?

香取 眠ってるところをずっと普通に映してほしいですよね。「72時間起きてるんですか?」って最近、毎日誰かしらに言われるんです。「○○時間テレビ」というと、起きてるみたいな感じがあるのかな。

全然寝るんで(笑)。8時間くらい寝てるところを映してみたいなとは思います(笑)

──今回番組決定と同時にそれぞれ初めてSNSを開設されましたが、第一声は何をつぶやきたいですか?

香取 まずそれは今言わないでしょうけど(笑)。今、僕も皆さんと同じように見ていますよ。

「あ、何万人になってる!」みたいなのを見てますけど、「まだツイートされていません」みたいなのを見ながら。なんかわかんないんだけど、そんなことないんだろうけど、自分本人だから、「これ変なところいじったら最初のツイートをしちゃうんじゃないか」みたいな。

きっとそんなことないじゃないですか。でもちょっとヒヤヒヤしながら見て、すごいな、ありがたいなと思いながら。何を最初に言うんですかねえ。

──草さんは3人一斉に「よろしくお願いします」とつぶやくとおっしゃっています。

香取 え!? 3人一緒に「よろしくお願いします」? あの〜、まったくベタすぎて(笑)。

「よろしくお願いします」って。それは2人がしても僕はしないと思います(笑)。何もまだ考えていないですね。

──芸能活動約30年間の歴史の中で初めてのことであると同時に、「AbemaTV」としても開局以来、最長となる長時間生中継番組への意気込みを教えてください。

香取 すごく楽しみです。僕はずっとカメラの中で、テレビの中で生きてきたので、3人の中でも、24時間とか、2、3日テレビに映っていても平気な方だと思うんですよね。だから普通にいれると思うんです。

一番心配しているのはやっぱり吾郎ちゃんですよね。色々と大丈夫なのかなとか(笑)。これから打ち合わせを詰める中で、僕の仕事としては、稲垣・草のNGな部分をちゃんと僕が打ち合わせしていかないといけないなと。僕はもう本当に、自分は何でもアリだと思っているんで。

それにしても3日間っていうのは…1日とかだったら全然。それこそ普段から24時間ぐらい起きてる日とかあるんで。

吾郎ちゃんがきれいに映るようにしなければいけないな、とか、草剛の“暴走”を防がなければいけない。僕はそんな仕事をできたらなと思ってます(笑)。