スマートフォン(コード利用)での入出金のイメージ画面。(LINE Payの発表資料より)

写真拡大

 LINE Payは23日、LINE上で使用できるスマホのおさいふサービス「LINE Pay」にて、セブン銀行との連携を開始したことを発表した。今後はセブン銀行が全国に設置するATMにおいて、LINE Payへの入金(チャージ)と出金を現金で行うことが可能になる。また、11月1日からはセブン銀行との連携を記念したキャンペーンも実施する。

【こちらも】LINE Pay、じぶん銀行と提携 ネット銀行とは初 スマホ操作だけで入金

■現金の入出金が24時間365日利用可能に

 LINE PayはLINEアプリで使用できるモバイル決済・送金サービス。ネットショッピングや、加盟店での支払い、LINEで繋がっている家族や友達間の送金などに利用できる。LINE上からパスワード設定をするだけで登録が完了し使用可能となる。LINE Payへのチャージはコンビニや銀行からおこなうことができ、銀行口座に対して出金することも可能だ。

 今回セブン銀行のATMと連携することで、日本全国のセブンイレブンやイトーヨーカードなどに設置されている2万3,000台以上のATMから、LINE Payのユーザーは、LINEアプリを用いて入出金が可能となる。出金するためにはあらかじめ本人確認のため銀行口座を登録する必要があり、出金手数料として毎回216円がかかる。なお、LINE Payカードを持っている人は、アプリを使用せずにカードからも入出金操作が可能だ。現在のところスマホを利用したチャージと出金は順次利用開始とされているため、今すぐ利用したい人はLINE Payカードを使う必要がある。

■11月1日から連携記念キャンペーンで200円プレゼント

 セブン銀行ATMとの連携を記念し、11月1日から15日の間、ATMにてLINE Payにチャージすると200円分の「LINE Pay」残高がプレゼントされるキャンペーンを実施する。対象者は先着20万人で、ひとりにつき1回のみ参加できる。出金は対象外となるので注意が必要だ。