「全方位にケンカ売ってる」 テレ東選挙特番の『政界 悪魔の辞典』が話題に

写真拡大 (全6枚)

2017年10月22日、第48回衆議院議員総選挙の開票に合わせて放送された、『池上彰の総選挙ライブ』(テレビ東京系列)。

画面上に表示される候補者の『どうでもいい話』をつめこんだプロフィールが注目され、放送の度にネット上で話題になっています。

池上彰さんといえば、見ている側すら「そんなこといっちゃっていいの!?」と心配になってしまうほどの辛らつなトーク。

あまたの政治家に鋭い質問で迫り、時には厳しくバサバサと切っていく姿は、見ていて痛快です。

そんな『池上彰の総選挙ライブ』ですが、今回の放送で『辛らつ』だったのは、池上さん本人だけではなかったようです!

テレ東選挙特番の『政界 悪魔の辞典』が超絶ブラック

今回の放送で新たな要素として登場したのが、こちらの『政界 悪魔の辞典』!

黒い表紙と、不敵な笑みを浮かべる池上さんのイラスト…見ただけで気迫を感じます。

ちなみに『悪魔の辞典』というのは、今から100年以上前にアメリカで書かれた、ブラックユーモア満載の用語解説本のこと。

今回は『政界版』ということですが、一体どのような解説がつづられているのでしょうか…。

では、番組内で紹介された、毒たっぷりの解説文をご覧ください。

【当選】

月額129万4千円、期末手当約635万円、文書通信費月額100万円もらえます。

【公約】

投票前は多くの人にしってほしい。
選挙後は早く忘れてほしい。

※写真はイメージ

【総選挙】

政権選択選挙。AKB48のセンター選びのほうが有名。

【比例復活当選】

1日に1度落ち込み、その後、はしゃいで喜ぶ光景のこと。

【タレント候補】

当選後「これから勉強します」と決意。
立候補する段階で勉強してほしい。

【文春砲】

木曜に放たれる砲弾。
これを食らうと、政治家は立ち上がれなくなる。

※写真はイメージ

【みそぎ】

不祥事を起こしても、選挙で勝てばチャラになる。

【土下座】

これをすれば当選すると考える人がいる21世紀の奇観。

【地元秘書】

地元に詳しいが、運転を間違うと「違うだろ!」と罵倒される人もいる。

※写真はイメージ

【弔い合戦】

政治家が亡くなって親族が跡を継ぐ。人情に訴える。

【保守】

"国体"を守りたい人も、"利権"を守りたい人もいる。

【リベラル】

左翼と呼ばれたくない人たちの自称。

政治家が読んだら心に言葉のナイフが刺さりそうな、『政界 悪魔の辞典』。

『文春砲』の解説が流れた直後は、無所属で出馬した山尾志桜里氏の紹介映像が流れる…などといったブラックユーモアっぷりでした。

ネット「全方位にケンカを売ってる」

いつも以上の『ぶっ飛びっぷり』に、視聴者たちは戦慄!ネット上でも盛り上がり、Twitterのトレンドワードに上がりました。

視聴者からは「まさかここまでやるとは」といった声が上がっています。

・辛らつだが正論だ。

・この番組は本当に攻めてるな。

・ちょいちょい悪口が挟まってるぞ!

テレビ東京ビジネスオンデマンドでは、今回の放送を『見逃し配信』しています。

ここで紹介していない『悪魔の辞典』の項目もあるので、興味がある人はご覧になってください。

『池上彰の総選挙ライブ』-テレビ東京ビジネスオンデマンド

[文・構成/grape編集部]