ハリケーン「マリア」に見舞われたプエルトリコ・サンフアンの幹線道路の分離帯の上を、自転車を担いで歩く男性(上、2017年9月21日撮影)と、約1か月後の同じ道路(下、2017年10月20日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】先月ハリケーン「マリア(Maria)」が直撃し、大規模な被害を受けたカリブ海(Caribbean Sea)の米自治領プエルトリコ(Puerto Rico)。被災直後とその約1か月後の様子を写真で紹介する。
【翻訳編集】AFPBB News