<2000年以降だけで同じような症例が18件見つかっている。感染症を疑われ、社会的に隔離された患者の心理的負担はかなり大きそう>

それはイタリアの医師チームが今まで見た中で最も奇妙な症例だった。

搬送されたのは21歳の女性。顔や手のひらにはべったりと、まるで汗のように血がついていたそうだ。怪我をしたのかと思いきや、そんな様子はなく、さらに皮膚病変の兆候もなかった。

CBC(カナダ国営放送)など複数メディアが、10月23日にカナダ医師会(CMAJ)のウェブサイトで報告されたこの奇妙な症例について報じている。論文をまとめた、伊フィレンツェ大学病院の皮膚科医ロベルト・マリエ医師によれば、患者は3年もの間、原因不明の出血が続いた。睡眠中や身体活動の最中に自然と出血するという。患者が強いストレスを受けているときには、より激しい症状がみられ、1〜5分程度出血し続ける。

個人機密のため患者の名前など詳細は明らかになっていないが、同サイトに掲載された記事によると、出血した患者は社会的に隔離されたことが原因でうつ病を発症したとされる。検査の結果から、血球数や血液凝固機能は正常だと分かると、隔離は解かれた。

女性患者に下った診断は血汗症。血液が皮膚や毛穴を通って汗をかくように排出される、とても珍しい疾患という。身体の汗腺のない部分でも出血があったと報告されている。心臓血圧治療薬のプロプラノロールが処方され、症状は良くなったが、完全に寛解したわけではない。

出血の原因特定には至っていないが、さまざまな可能性が挙がっている。例えば、極度の感情反応が身体的な病気を引き起こす場合、血液の凝固能力が損なわれる出血性障害もしくは心理遺伝的疾患が考えられるという。

「最高に珍しい症例」

カナダ・トロントの血液学者は、この症例を「最も珍しい」とコメントしている。セントマイケル病院で血友病のケアプログラムに携わるミシェル・ショルツバーグ医師は「こんな症例はこれまで一度も見たことがない」という。「これまでに最悪の出血性疾患をいくつか見たことがあるが、汗のように血が滲むものはなかった」

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部