田嶋大樹(JR東日本)、鈴木博志(ヤマハ)【写真:Getty Images】

写真拡大

清宮&安田&中村の「BIG3」に注目も…今年は「将来性」より「即戦力」の社会人が充実

 NPBのプロ野球ドラフト会議は26日に行われる。運命の日まで、あと2日。今年は早実・清宮幸太郎、履正社・安田尚憲、広陵・中村奨成ら、超高校級の逸材と揃い、話題が先行している。しかし、将来性重視な高校生が「豊作」と言われる年ほど、各球団が目を光らせ、狙い目に挙がるのが社会人の逸材たち。実は例年以上に実力選手が多い印象だ。

 その筆頭が、JR東日本のアマチュアNO1左腕・田嶋大樹投手だろう。

 スリークォーターから繰り出す速球は152キロ。肩甲骨の柔らかさが特徴的で、変化球も威力は抜群。3年春にセンバツ4強入りした佐野日大3年当時からドラフト1位候補の声があったが、社会人に進み、指名解禁となる3年目で遥かにスケールアップした。2桁勝利&新人王を狙える逸材。即戦力投手を欲する球団の1位競合の可能性も十分だ。

 また、今季のアマチュア最速投手も社会人にいる。ヤマハの右腕・鈴木博志投手だ。180センチ、85キロのがっしりとした体格から繰り出す球速はMAX157キロ。現在のプロ球界と比べても、トップクラスの剛腕だ。社会人侍ジャパンに選ばれ、実績も十分。一本釣りを狙う球団が1巡目で入札してもおかしくない。

指名漏れ、大怪我から這い上がった右腕、あの新人王候補の後継ショート

 指名漏れから這い上がった逸材も注目だ。日立製作所の151キロ右腕・鈴木康平投手。国際武道大時代はプロ志望届を提出しながら、指名を受けることができず。当時は148キロだった最速も150キロを突破し、2年間でドラフト1位候補と評されるまで大きく成長した。ヤマハ・鈴木と同様に12人の椅子に滑り込める素材だろう。

 NTT西日本・西村天裕投手も即戦力の一人だ。帝京大時代は4年秋に左ヒザ前十字靱帯損傷の大けがを負った影響もあり、ドラフト会議で指名されず。社会人に入って復活を遂げた。176センチと決して上背はないが、150キロ超の直球で押す馬力十分な本格派右腕。先発・中継ぎ問わず、活躍が見込めそうだ。

 野手に目を移しても、楽しみな選手がいる。筆頭はトヨタ自動車・藤岡裕大内野手だ。今季、西武で大ブレイクした源田壮亮の後を継ぎ、社会人野球の名門のショートを守る。亜大時代はサードで惚れ惚れするような強肩も披露しており、走攻守がそろった逸材。内野の要といわれる遊撃の位置を求める球団にとっては魅力的だ。

六大学記録を樹立したヒットマン、まさかの指名漏れ味わった長距離砲

 外野手では日立製作所・菅野剛士外野手。明大時代は東京六大学最多安打記録の高山俊(現阪神)とともに最多二塁打記録を樹立した逸材だ。当時はプロ志望届を提出しながら、指名漏れ。社会人に進むと、1年目から4番で都市対抗準優勝。今年は社会人侍ジャパンに選ばれるなど、バットコントロールも一皮むけた印象で、打者ならNO1と言っていいだろう。

 もう一人、忘れてはならないのが、JX-ENEOS・谷田成吾外野手だ。慶応高時代から「由伸2世」と騒がれ、慶大も含め、高校、大学で各カテゴリーの日本代表を経験。大学ではドラフトで指名されず、大きな話題を呼んだが、悔しさをバネにして2年後の今年の雪辱へ、実力を磨いてきた。飛距離は天性のものがあり、悲願を叶えることができるか。

 こうして振り返ってみると、投手を中心にドラフトで1位指名が予想される逸材も複数いる。昨年の社会人1位指名は東京ガス・山岡泰輔(オリックス)のみ。今年は清宮に人気が集中する裏で、昨年以上に1位指名を受けることが濃厚だ。高校、大学生に比べ、選手として完成度が高く、即戦力として活躍できるのが最大のメリットである。

 果たして、どれだけの選手が指名され、プロの世界に飛び込むのだろうか。