3本塁打の“広島キラー”ウィーランド(DeNA)が三冠を独占!

写真拡大

 激戦の続くクライマックスシリーズ。セ・リーグではDeNAと広島がファイナルステージで激突したが、マニアが注目したのはウィーランド(DeNA)だ。

 ウィーランドは今季のDeNAの「8番・投手」の基点になった打力の持ち主。特に広島戦は相性がよく、打率.538、3本塁打、9打点をマーク。大瀬良大地に2本塁打を浴びせるなど、球界屈指の広島キラーと化していた。

 CSファーストステージの第3戦で先発したため、ファイナルステージでの登板機会があるかどうかは定かでないが、もし先発が回ってくるならば、広島投手陣にとって、投手といえども油断できない相手になりそうだ。

 今季はほかにどんな投手が打撃で「伏兵」になったのだろうか。投手の打撃10傑を紹介しよう。

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題!

■投手打撃10傑(30打席以上)

■1位
ウィーランド(DeNA)
打率.229(48打数11安打)/3本塁打/12打点/5四死球/1犠打

■2位
原樹理(ヤクルト)
打率.212(33打数7安打)/0本塁打/1打点/0四死球/3犠打

■3位
菅野智之(巨人)
打率.167(54打数9安打)/0本塁打/0打点/3四死球/6犠打

秋山拓巳(阪神)
打率.167(48打数8安打)/1本塁打/3打点/2四死球/6犠打

石田健大(DeNA)
打率.167(36打数6安打)/0本塁打/1打点/1四死球/7犠打

■6位
今永翔太(DeNA)
打率.140(43打数6安打)/0本塁打/0打点/2四死球/4犠打

■7位
大瀬良大地(広島)
打率.136(44打数6安打)/0本塁打/0打点/3四死球/4犠打

メッセンジャー(阪神)
打率.136(44打数6安打)/1本塁打/2打点/0四死球/6犠打

■9位
岡田明丈(広島)
打率.128(47打数6安打)/0本塁打/8打点/1四死球/4犠打

■10位
野村祐輔(広島)
打率.122(41打数5安打)/0本塁打/2打点/2四死球/9犠打

 1位はもちろんウィーランド(DeNA)。打率、本塁打、打点ともにトップで投手打撃三冠を独占した。

 助っ人勢ではメッセンジャー(阪神)とマイコラス(巨人)、10傑からは漏れたがバルデス(中日)も1本塁打を記録している。

 8年目で先発ローテに定着した秋山拓巳(阪神)も8月18日の中日戦でプロ初本塁打。高校時代は愛媛・西条高の「4番でエース」。高校通算48本塁打を放ち、「伊予ゴジラ」と呼ばれた打棒を見せた。

 思わぬクラッチヒッターになったのは岡田明丈(広島)。6安打中5本がタイムリーヒットになり、8打点を記録。「たまたま当たっただけ」と謙遜するが、「たまたま」をいいところで出せる運も実力だ。

 ちなみにパ・リーグでは、交流戦で佐野泰雄(西武)、松本裕樹(ソフトバンク)、有原航平(日本ハム)、菊池雄星(西武)、西勇輝(オリックス)がそれぞれ1安打を放っている。

文=落合初春(おちあい・もとはる)

【関連記事】