流れ星が北九州の冬を彩る ※画像はイメージです

写真拡大

リバーウォーク北九州(北九州市小倉北区)では、11月3日(金・祝)から12月25日(月)まで、「RIVERWALK KITAKYUSHU サンタも遊ぶクリスマス」が開催される。

高さ15mにも及ぶツリーは圧巻 ※2017年のイメージパース

今年はミスティックコートに流れ星をイメージした新しいイルミネーションが登場する。夜は小倉城のお堀沿いの街路樹にもイルミネーションが灯り、時間帯に合わせてリバーウォーク北九州全体でクリスマスを楽しめる。

■ 北九州で流れ星を楽しもう!

今年初登場となる「流れ星イルミネーション」はミスティックコートの吹き抜けと大きな空間を利用したイベント連動型イルミネーションで、4階の高さから星が降ってくるように見えたり、空間を横切るように流れたりするストリングスイルミネーションによる「動き」のある演出が楽しめる。また、時間になると音楽に合わせて上空から雪が舞い降りるイルミネーションのショーも開催される。

■ 北九州最大規模のメインツリーが今年も登場!

1階のエナジーコートには高さ15mのクリスマスツリーが登場。11月3日(金・祝)のイルミネーションの点灯式には、コメディパフォーマーや地元ゴスペル団体によるイベントも行われる。

ツリー前のステージではワークショップやクリスマスイベント、市民団体の音楽ステージなどが行われ、クリスマス気分をさらに盛り上げる。さらに、昨年に引き続き、みんなで作り上げる「リバタウン」も登場する。色とりどりの家型クラフトを作ってリバタウンをにぎやかにしよう!

また同期間中、「リバタウン」の他にも、館内装飾ワークショップも開催される。リバーウォーク北九州でクリスマスのひとときを思う存分楽しもう!

【九州ウォーカー編集部/文=藤原 惣】