@CIA

写真拡大

アメリカの情報機関・CIAを、退職することになった子犬の『ルル』。

CIAが公式サイトや公式Twitterで報告した退職理由が「素晴らしい!」と、称賛の声を集めています。

犬の退職理由に「素敵!」の声

爆発物の発見などを目的に、トレーニングを受ける犬たちが所属している部署『K9』。

ルルもその中の1匹として、トレーニングに参加していました。

ところが、トレーニングを始めてから数週間、ルルは爆発物の匂いに対し、興味のないそぶりを見せたのです。

犬たちは人間と同じで、調子のよい時もあれば悪い時もあります。

トレーニングに飽きたそぶりを見せても、通常は1日か2日経てば、元に戻り、訓練に励む犬がほとんどです。

犬が不調になるには100万もの理由があります。私たちは犬の気持ちを考え、彼らを助けるために力を尽くさなければなりません。

@CIA ーより引用(和訳)

日に日に元気がなくなっていくルルの姿を目にし、CIAの職員は「どうすることが、ルルにとって1番よいか」を考えたといいます。

ルルは明らかに、爆発物を探す仕事に興味がありませんでした。

本来ならば好きなはずの、食事をすることや遊ぶことさえ、彼女は楽しめなくなっていたのです。

@CIA ーより引用(和訳)

しばらく様子を見た結果、CIAの職員は、ルルを退職させることを決断します。

私たちにとって、最大の関心ごとは、働く犬たちが肉体的・精神的に幸福であることです。

非常に残念でしたが、ルルにとってのベストを考えた結果、退職させることにしました。

@CIA ーより引用(和訳)

幸せな結末を迎える

退職後、ルルは職員の1人に引き取られ、新しい家族に囲まれながら幸せに暮らしています。

裏庭にいるウサギやリスの匂いをかぐことが好きなのだそうです。

ルルが迎えた幸せな結末に、喜びのコメントが寄せられました。

・CIAの決断は素晴らしい!

・ルルには、また別の、彼女にしかない才能があるはずだ。

・ルルが素敵な家族と暮らせてよかった。

「私たちにとって、犬たちは家族のような存在」だと語るCIA。

ルルの気持ちを1番に考えた彼らの選択に、心が温まりました!

[文・構成/grape編集部]