ブルキニ着用の女性、ドバイのプールで苦情を受ける(画像は『Gulf News 2017年10月18日付「Resident asked to leave pool for wearing burkini」(Image Credit: Gulf News Archives)』のスクリーンショット)

写真拡大

イスラム教徒の女性が肌を露出することなく泳ぐことができるようにデザインされた水着「ブルキニ」だが、昨年にフランスで着用禁止が言い渡されるなど、一般的に受け入れられているとは言えないのが現状だ。ではイスラム教の国々ではどうなのか。アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで今月16日、プールでブルキニを着ていた女性とブルキニを見慣れない者との間に誤解が生じたことで、女性がプールからの立ち退きを言い渡されるという出来事が発生しており、やはり広く認識されていないことが明らかになった。

ブルキニを着用していたのは、イスラム教徒のアメリカ人女性B.Gさん。彼女によると「宗教的慎み」を考慮し、一般的なものよりパンツの部分が体にフィットしないようなブルキニをフランスからネット通販で購入したものであった。

ドバイの居住区レムラアンの共用プールでこれを着用したB.Gさんだったが、夫と共に泳いでいたところ監視員に「もっと体にフィットする水着を着てほしい」と言われてしまった。

その後も他の利用客から彼女のブルキニに対する苦情がレムラアンを管理するコミュニティマネージャーにまで寄せられ、監視員が再びB.Gさん夫妻に注意をした。すると事態がエスカレートし、B.Gさんの通報で駆けつけた警察まで巻き込む騒動に発展した。

「信仰の自由が守られ、どの宗教に対する差別も禁じられているドバイで、イスラム教徒として控えめな格好をしていたのに苦情を受け、まるで自分の権利がめちゃくちゃにされたように感じました」と話すB.Gさんは、警察に通報した理由を「この件はイスラム教が関わることだったからです。イスラム教の国であるドバイでは、こうした控えめな水着の着用は許可されるべきです」と説明する。

その後、警察やレムラアンのコミュニティマネージャーを交えて話し合った結果、レムラアン側からは二度とこのような出来事が発生しないよう対策を講じると言われたことで一件落着となった。

監視員が所属するレムラアンの管理会社は、今回のトラブルが発生した一因を「監視員がB.Gさんのブルキニを普通の服と見間違えたため、衛生上の理由で彼女に注意を促した」と明かす。管理会社はこの出来事について大変申し訳なく思っており、レムラアンに居住するイスラム教徒の女性の“控えめな水着”が一体どのようなものであるかを理解するため、監視員らに徹底した教育を行うことを約束している。

B.Gさんは今回の件について、「私はとても嫌な経験をしましたが、もし私のように理不尽な扱いを受けたら、そのままにせずに声をあげてと伝えたい。そして出身や宗教に関係なく、全ての人に同等に敬意を払ってもらいたい」と話している。

画像は『Gulf News 2017年10月18日付「Resident asked to leave pool for wearing burkini」(Image Credit: Gulf News Archives)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 椎名智深)