リニューアルした「ドスパラ秋葉原本店」

写真拡大

 ドスパラは10月21日、秋葉原地区にある従来の店舗の売り場内容を再編成し、東京・秋葉原の「ドスパラ秋葉原本店」をリニューアル。同時に、「ドスパラパーツ館」を「ドスパラ秋葉原別館」へ改装した。内装や商品棚、什器を刷新して新鮮なイメージを取り入れる狙いで、全国的に実施するという。

●「ドスパラ秋葉原本店」にPCと周辺機器を集中



 本館は1階、2階、5階が店舗になっており、1階では以前と同じくドスパラのゲーミングPCブランド「ガレリア」を販売。店頭では、日本では初となる、大人気ゲーム「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)」の推奨PCを展開している。

 2階ではPCパーツやPC周辺機器を扱う。最近、売れ行き好調なグラフィックボードだけでなく、ファンクーラーやマザーボードなども開封して展示している。5階では、中古のスマートフォンやタブレット端末を販売。また、リニューアル前は複数あったVR体験コーナー「VRパラダイス」は、1か所に絞った。

●「ドスパラパーツ館」が「ドスパラ秋葉原別館」に



 PCと周辺機器を本館に集中させ、専門性を高める一方、別館の1階には、デジタルアイデアグッズを扱う「上海問屋」が本館から移転した。売り場面積は約193m2で、商品数は約1万857点と、これまで同様、豊富な商品を取り揃える。

 2階では中古品の買取と各種サポートを受け付ける。受付カウンターの前には整理券発行機やイス、テーブルを完備し、くつろぎながら順番を待つことができる。

 リニューアルオープンを記念し、10月31日20時まで「ドスパラ 秋葉原店舗改装セール」を開催。PCやグラフィックボードの特価販売のほか、特賞でタブレット端末が当たるビンゴ大会、来店時にポイントプレゼントなど、さまざまなキャンペーンを実施している。