女優やモデルを虜にする「ロケ弁」がスゴイ!その中身は…

写真拡大

フードデザイナー・細川芙美(25歳)を、10月24日放送の『セブンルール』(カンテレ/フジテレビ系列、毎週火曜23:00〜)にて特集。彼女の7つのルール=“セブンルール”に迫る。

この番組は、タレントのYOU、芸人の若林正恭(オードリー)、俳優の青木崇高、芥川賞作家の本谷有希子といった異色の4人がMCを務め、様々な分野でキャリアを輝かせている女性に密着取材し、彼女たちの“7つのルール”に迫っていく新感覚ドキュメント。

細川は25歳にして自らの料理ブランドを立ち上げ、弁当やケータリング事業を展開。雑誌やテレビの撮影現場から注文を受けるロケ弁当を主戦場とし、パッと目を引く可愛い見た目と旬の食材を使った気取らない味で、立ち上げから1年も経たないうちに女優やモデル、そして現場の女性スタッフたちの心を掴む。中身だけでなく、容器やラッピングにまで細やかな心遣いが込められた彼女のロケ弁当は、実際に食べた女性たちがこぞってSNSにアップし、人気を集めるようになった。

元々は、中学から短大まで陸上部で運動漬けの毎日を過ごし、スポーツ栄養士を目指していた細川。調理師学校卒業後、持ち前の行動力を発揮してフレンチの名店で修行を積み、偶然雑誌で見かけたケータリングの世界に魅せられ、それを作った料理家に直接弟子入りを志願。アシスタントとして経験を積み、昨年独立した。

細川が作るロケ弁当は、メインが肉と魚の2種類。月替りのため、毎月新メニュー作りに追われる。毎月築地市場に足を運び、男の仲買人たち相手に物おじせず会話し、旬の食材を選ぶと言う。1日に数10個の弁当を全て1人で作り、1人で配達するという体育会系な面がある一方、頑張った日には仕事帰りに自分にささやかなご褒美としてアイスクリームを買うなど、女性らしい一面も持つ。カメラはそんな彼女の自宅にも密着し、25歳の等身大の姿を遠慮なく映し出す。さらに、沖縄・石垣島から新たなオファーが舞い込んだ細川の仕事ぶりも取材。新たな仕事の内容、そして彼女が料理に込める思いとは?

また今回、スタジオに細川本人がロケ弁当を持ってサプライズ登場。VTRを観ながら言いたい放題だったMC4人は、「こういう仕掛けもしてくるのか……」と驚きながらも、彼女の作るロケ弁当に舌つづみ。「弁当の中身はどうやって考えるのか」「黒字なのか」「盛り付けのセンスは習えば身に付くのか」と、質問攻めにする。

そんな中、数々の撮影現場を経験している若林とYOUは、「映画よりバラエティの方がずっと弁当がいい」など、芸能界の弁当裏事情を告白。そして、一般的に「オカンの料理が一番美味い」と言われるが、実際はどうなのか……と、男性2人が真逆の体験談をぶつけ合う。さらに、昨年結婚した青木は、朝ごはんの充実ぶりを語り、他の3人から羨望の声が上がる。一方、独身の若林は数回しかないという女子の手料理で大興奮した“夜の思い出”を明かしていく。