アメリカ遠征以来、なでしこ召集2度目の櫨まどか

 10月22日、長野で開催されたMS&ADカップ2017で、なでしこジャパンはスイスを2-0で下した。

 台風の影響から大粒の雨が降りしきる中、キックオフを迎えたスイスとの一戦。立ち上がりこそ、スイスに攻め込まれたものの、日本は徐々にペースを掴んでいく。スタートのピッチには4-2-3-1の布陣が敷かれ、1トップの横山久美(フランクフルト)だけでなく、右の櫨(はじ)まどか(伊賀)、左の籾木結花(日テレ・ベレーザ)のサイドハーフ、中の長谷川唯(日テレ・ベレーザ)が内へ外へとポジションを変化させながらゴールに向かう。しかし、最大の課題であるコンビネーションはなかなか形にならない。平均身長で10センチ以上も上回るスイスの長いリーチはことごとく日本のフィニッシュを削っていった。

 ようやくスコアが動いたのは69分。櫨のスルーパスに反応した中島依美(INAC神戸)が、そのまま自身で持ち込み一気に右足を振り抜く。一度はDFに阻まれたが、こぼれ球を再び一蹴。ゴールネットに突き刺した。中島の技量は誰もが認めるところだが、味方を生かそうとするあまり、自身の強みが薄れてしまう時期もあった。

“積極的”“自分で持ち込む”――自身に言い聞かせるようにして試合に臨み、サイドの持ち場だけでなく、隙あらば中央まで切り込んでいく中島の姿は今ではもう珍しくなくなった。この貴重な先制弾に、苦悩のあとに訪れた彼女の確かな成長を見た気がした。

 終了間際には、何度も狙い続けたDF裏のスペースでボールを受けた田中美南(日テレ・ベレーザ)が渾身の一撃。「惑わされるかな?と思って1回中を見たことで、うまくコースが切れた」というシュートは、DFの足先ギリギリのところをかいくぐっていった。

 時折スイスのカウンターに苦しめながらも鮫島彩(INAC神戸)の右サイドバック、熊谷紗希(リヨン)、宇津木瑠美(シアトル)のセンターバックに、7月のアメリカ遠征に続き左サイドバックに抜擢された万屋美穂(ベガルタ仙台L)の最終ラインが踏ん張り、日本が完封勝利をおさめた。

 面白い存在になりつつあるのが櫨だ。アメリカ遠征で初招集された遅咲きの29歳。現在のなでしこ攻撃陣は小柄でスピーディな選手が多い中、明らかに毛色が異なるのがこの櫨という存在だ。決してキレ味抜群というわけではない。しかし、彼女には独特の間合いがある。繰り出されるパス、粘りあるボールキープ、もちろんシュート力も申し分ない。彼女にボールが入ると、いつものように多くの選手は一気にスピードアップして前線でボールを受けようとする。必然的に彼女の周りに空間が広がる。相手にとってバイタル手前の嫌な位置にいるにも関わらず、比較的自由にボールを持つことができるのだ。

「周りが動いてくれますから……ラッキーなんです(笑)」

 その能力を試したいと、高倉麻子監督から、長野に入って数ヵ所のポジションを与えられ、所属チームではまず担うことのないサイドに果敢にトライした。

 意外だったのは「守備の時間が長いと感じました」という試合後のひと言。合点がいったのは、彼女のその意識の先にある阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)の存在だった。阪口は攻撃のスイッチャー。彼女が高い位置にいれば日本は優位に立てるが、このところパスミスからカウンターでやられることが多く、阪口はポジションを低くせざるを得ない。ピンチに危険エリアを察知する能力があるがゆえの”引き”であり、阪口の読みで日本は幾度となくピンチを切り抜けてきた。この試合では、阪口が”掃除”をして回る際に生じるスペースを櫨がフォローする動きを見せていた。この動きが櫨の”守備意識”につながっているというわけだ。

 このことは阪口も感じていた。「こっちの動きを見てくれている。私がまだ彼女のプレースタイルを理解しきれてないんだと思う。攻撃でも櫨に入れて前でもう一回受けてみたい」

 ここ数試合、なかなか決定的な形を作り出せない攻撃スタイルを打開すべく、相手を揺さぶる”縦”を意識している阪口。中でも自ら縦へ走りボールを受ける抜け出しは、常に狙い続けているプレーだ。後半に1度阪口が仕掛けた際、残念ながらそこに反応するパスは出てこなかった。阪口はむやみに持ち場を抜け出す勝負には出ない。ここぞというタイミングが来たときにのみ彼女はスタートを切る。多くの選手が阪口に使ってもらう意識はあっても、阪口を使う意識がないことがうまくいかない最大の要因だ。

 櫨であれば、それを可能にできるのではないか。そのためには、4-2-3-1はハマる布陣だ。櫨はなでしこジャパンでは遅咲きでも、経験値は豊富。ベテランらしく情報処理能力が高く、かつ正確だ。初めて触れる”なでしこ感覚”を吸収して実践するまでのスピードがダントツで速い。櫨自身の吸収力もさることながら、年齢が近い阪口と絡むプレーが、そのままなでしこジャパンの新しい色になる可能性さえ秘めている。あとは、ゴール前でフィニッシュに持ち込む意識がより高まってくれればなお好ましい。

 とはいえ、長野に入ってから多くの時間を攻撃面に割いてきたにも関わらず、この試合でもコンビネーションで崩すことは叶わなかった。

 もちろん、中島、田中の2ゴールに見られるような個の打開力は必須であり、高倉監督も「そこは避けては通ることはできない。組織力に逃げるつもりもない」としている。それでも、なでしこジャパンの根底にあるのは世界トップの組織力だ。その組織力の綻びから失点し、組織力を生かした得点が少ないことで、選手たちにも確固たる自信は芽生えていない。指揮官がこの試合を”発展途上”と表現したのは謙遜でもなく、偽らざるなでしこの現状だ。

 その中でも、積み上がっているもの、生み出していこうとしているものはある。あとはそれをどう形にしていくか。

 12月にはワールドカップ予選の前哨戦となる東アジア選手権が控えている。アジアのライバルたちは、過去の経験から日本封じなるものをすでに手にしている。そこにどう挑むのか。経験を糧に――と言っている暇はなく、結果が求められる大会まで残された時間は少ない。

■なでしこ記事一覧>>