老眼鏡は40代から使い始めよ(写真/アフロ)

写真拡大

 近頃の老眼鏡は、複数の距離にピントを合わせられ、見た目もおしゃれな累進屈折力レンズを用いている。これまで「老眼鏡はちょっと…」と手をこまねいていた人にとっては画期的なメガネといえる。

 だが、“弱点”も存在する。都内在住の50代主婦がこんな悩みを吐露する。

「『遠近両用メガネ』を使っているんですが、遠くから近くに視線を移す際、ゆがみが気になって気持ち悪くなってしまうんです」

 この「ゆがみ」を生み出している正体は、遠用と近用の度数の差を指す「加入度数」である。この数値が大きいほど、視点を急に変えたときにゆがみは生じやすくなる。

「初めて累進屈折力レンズを使う人は加入度数+2D(Dは屈折力の単位)以上だと慣れるまで時間がかかってしまうとされています。どうしてもゆがみが気になり、見た目が気にならないのであれば、『二重焦点レンズ』を使ってみるといいでしょう。このレンズに慣れている高齢者には、二重焦点レンズを使い続ける人も少なくありません」(『東京メガネ』の認定眼鏡士の我妻三朗氏)

 やはりおしゃれな累進屈折力レンズがいいという場合は、使い始める年齢やフレームの選び方を工夫しよう。

「累進屈折力レンズに慣れるには、加入度数が小さいレンズから慣れていくしかない。そのためには、老眼の度合がまだそれほど大きくない40代のうちから使い始めるのがいいでしょう。

 60代になって急に、遠くを見るときは上目遣いで、近くを見るときは目線を下げるという習慣を身につけるのは難しいですよ。

 またレンズの縦の長さを32mm以上にすると、ゆがみは少なく慣れやすくなります。遠用部から近用部までの距離が長くなり、度数の変化の割合がゆるやかになるからです」(我妻氏)

 メガネレンズの専門店『れんず屋』の鈴木亜子さんがこうアドバイスを送る。

「実際にメガネ店に行くと、累進屈折力レンズを体験することができます。慣れないと視界が回って見えたりしてしまいますので、まずはメガネ店に行って、体験をしてから購入してください」

 では、実際に老眼鏡を作るとき、眼科に行くべきか、それともメガネ店に行くべきか。

「老眼には白内障、緑内障、スマホ老眼などの別の疾患が隠れているケースが少なくありません。最初は、まず眼科で正確な診察を受けるべきです。しかし、レンズやフレームなどの専門的なアドバイスは、メガネ店の方が懇切丁寧でわかりやすいでしょう」(スマイル眼科クリニックの岡野敬院長)

 メガネ店の良し悪しを見極める際に注目したいのが、公益社団法人日本眼鏡技術者協会の「認定眼鏡士」資格だ。現在7000人が認定されており、ホームページ上での検索も可能である。

「認定眼鏡士が在籍しているお店なら安心できます。さらに『自分も40代から老眼なんです』という店員なら、こちらの悩みを理解して、経験に基づいた提案をしてもらいやすい」(メガネライターの伊藤美玲さん)

 自分の目にピッタリと合った老眼鏡を手に入れても、使い方を間違えてしまえば意味がない。枕元に置いておいたら踏んでしまったなど、フレームがゆがんでしまったというのはよくある話。

「わずかでもフレームにゆがみがあると、焦点が合わなくなってしまいます。視界が悪くなり老眼が進行したかなと思ってメガネ店に行くと、フレームを直してもらっただけで、またよく見えるようになるケースは多い。老眼鏡は定期的にメンテナンスすることが大切です」(前出・鈴木さん)

 また、フレームだけではなく、レンズの点検も重要だ。

「老眼鏡のレンズの寿命は、およそ2年くらいです。コーティングが剥がれたり、肉眼ではわからない傷がついたりするなど、劣化していきます。そうした古いレンズを使い続けると、老眼の進行が早くなることがあります。

 2年をメドにして点検し作り直す。レンズを常にいい状態に保っておくことが、結局は目のためになるのです」(鈴木さん)

※女性セブン2017年11月2日号