松山英樹【写真:Getty Images】

写真拡大

大会連覇を狙うHSBCチャンピオンズ、日いずる国のエースにアジアで高まる期待

 男子ゴルフの世界ランク3位・松山英樹(レクサス)はシーズン2戦目、26日開幕の世界選手権・HSBCチャンピオンズ(上海)で連覇に挑む。昨年は23アンダーという圧倒的なスコアで優勝。今やトップランカーに堂々と名を連ねている世界の「MATSUYAMA」に対し、アジアメディアも「真のアジアのライジングサン」と敬意を評している。

 世界のトッププレーヤーからも、その向上心の高さに脱帽される松山。今や、日本ゴルフ界のみならず、アジアにとっても誇らしい存在となっている。

「向上心厚いマツヤマは真のアジアのライジングサン」と報じたのはタイ最大紙「バンコクポスト」だ。日いずる国と呼ばれる日本。太陽を意味する「Sun」と上昇気流に乗る男「Son」をかけ、粋な表現で日本のエースを特集している。

 昨年の前回大会で2位ヘンリク・ステンソン(スウェーデン)に7打差をつけた23アンダーという圧倒的なスコアで優勝を果たした松山。この戴冠をきっかけに、1年間でゴルフ界におけるステータスは一変したと指摘している。

「ヒデキ・マツヤマが2016年HSBCチャンピオンズでラウンドを開始時には、スターダムを目前にした20代の優秀な選手に過ぎなかった。だが、今週末までに、マツヤマは真のアジアのライジングサンとなった。国際的な実力者として台頭しているのだ」

当時は23アンダーの圧勝…2位の宿敵が当時を証言「ただただ信じられない凄いプレー」

 このように松山を絶賛した上で「評論家は今日、現在のゴルフ界の偉人について話題にするとき、マツヤマの名前はジョーダン・スピース、ジャスティン・トーマス、ダスティン・ジョンソン、そして、ロリー・マキロイと同じ文脈の中で語られるのだ」と記述。世界のトップ選手が君臨するゴルフ界の偉人に仲間入りしていると評価した。

 さらに、記事では「HSBCで優勝したことはもしかすると、僕にとって最大の達成だったかもしれない。この大会でアジア勢として初めて優勝した。個人的には大事なこと」と松山が1年前の栄光を振り返ったことを紹介している。

 日本人をライバルも称賛する。前回大会でステンソンと並び、2位だったダニエル・ベルガー(米国)は「ヒデキはただただ信じられないような凄いプレーをしたんだ。見ていて楽しかったよ。ショットもいい。パットもいい。全て良かった。だからこそ、彼は大差をつけて優勝できたんだ」と当時を振り返り、絶好調の松山の恐ろしさを証言している。

 アジアゴルフ界の希望の太陽として燦然とツアーで輝く松山。持ち前のヒデキチャージで、大会連覇を果たすことができるだろうか。アジアの視線が、日本人エースに降り注いでいる。