ホントに? 窓のくもり汚れにあの飲み物が効くなんて!

写真拡大 (全8枚)

知らぬまに手アカやホコリ、タバコのヤニなどで汚れてしまう窓。ちょっと拭いただけでは、汚れが落ちにくいのですが、意外にも、あのシュワシュワした飲み物が窓そうじに効果絶大でした!


定番の新聞紙拭きプラスαで
時短&効果を高める窓拭きテク


窓って、手の指紋や手アカがつきやすいし、ホコリやタバコのヤニなどにもさらされて、けっこう汚れていますよね。ひどくなると、室内もなんだか暗い雰囲気に……。でも、ここまでになってしまうと、ちょっと窓拭きしただけでは、なかなかキレイにならずやっかいです。

そこで今回は、定番の新聞紙を使った窓拭きを進化させたテクを試してみました。やり方は、新聞紙で拭く前にある飲み物をシュッとひと吹きするだけ。いったい、その飲み物とは……? 短時間で汚れが落ちる効果絶大の方法を、ぜひご覧ください!


シュワシュワの発泡で
汚れを浮かせる炭酸水


その飲み物とは、炭酸水。炭酸水を窓に吹きつけると、汚れとガラスのすき間に浸透し、内部で発泡し、汚れが浮き上がるんです。浮き上がるから、しつこい汚れも落ちやすくなります。



スーパーなどで手にはいる、ごく普通の炭酸水で大丈夫です。



炭酸の発泡は、窓の汚れを浮き上がらせる効果があります。それでは、やり方をご説明します。

[手順 魯好廛譟爾如炭酸水を吹きかける



ボロぞうきんなどで、目立った汚れを一旦落としてから、炭酸水を霧吹きします。

[手順◆魯シャクシャにした新聞で拭く



手のひらにおさまる大きさに新聞をクシャッと丸めて、汚れを拭き取ります。

[手順]畳んだ新聞で拭く



仕上げに、新聞紙をキレイにたたみ、面で磨くイメージで拭いてツヤ出しをしましょう。



ご覧の通り、ピカピカです!



ちなみに、新聞紙を使うのがいいワケは、インクがコーティング代わりになるからです。しつこい汚れも短時間で落ちますので、「新聞紙+炭酸水ワザ」ぜひお試しあれ!



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。