ノートで好評のシリーズハイブリッドを採用

 日産自動車は2017年10月24日、セレナe-POWERを10月25日から始まる東京モーターショーで公開すると発表した。

 セレナの特徴である、室内の広さや使い勝手の良さ、乗り心地の快適性はそのままに、燃費性能を向上して弱点を潰してきた。従来のオルタネーター回生型ハイブリッドではなく、モデル史上初めての本格的なハイブリッドモデルの投入となる。

 今回のセレナ改良における目玉は、「e-POWER」の採用だ。これはガソリンエンジンを発電機として使用し、そこから供給される電力によって100%モーター駆動で走行するもの。同社のコンパクトカーであるノートに続いて第二弾となるモデルである。

 パワートレインに関して上記以上の公式アナウンスは現時点ではないが、恐らく新型リーフに搭載されているモーターと2リッター直4エンジンを組み合わせていると予想。

 外観の変更点はグリルにe-POWERの象徴であるブルーのアクセントを施し、専用LEDテールランプや専用アルミホイールなど、エクステリアパーツを採用。内装に関しては、2列目シートに独立したキャプテンシートを採用する。


これまでのセレナで好評だった「スマートマルチセンターシート」をあえて採用せず、キャプテンシートとしたのは何故か? スマートマルチセンターシートとは、2列目のセンターシートを1列目までスライドできるというギミックで、2〜3列目のウオークスルーがラクに行なえるのがメリットだった。これをすっぱり諦めたということは、ノートe-POWER同様、1列目の床下にバッテリーを搭載していることなのか? あるいは先々代アルファードハイブリッドのように1列目センターにバッテリーを搭載しているのだろうか?

 また、従来のセレナに引き続き自動運転技術「プロパイロット」を搭載。燃費性能アップと併せて、まさに鬼に金棒と言えるモデルが登場するというわけだ。

 発売日は2018年春を予定しており、今後は下記の日産HPにて随時更新していくとのことだ。気になる人は要チェック!

http://www.nissan.co.jp/SERENA/NEW/