フリースタイルアーティストのジョシュア・ケリーが披露したトリックショットが話題に。(この画像はインスタグラムのスクリーンショットです)

写真拡大

謎の“ゴルフ名手”ケリーが人の両肩の上で華麗スイングが米話題「かなり衝撃的だ!」

 米ゴルフで、地面に立って構えた人の両肩の上に立ち、下の人がクラブでリフティングしたボールを豪快にスイングしてかっ飛ばす、という衝撃的な放った超人を米メディアが動画付きで複数紹介。運動会シーズン、組体操を軽く超越した“人間2階建てショット”に対し、「これは現実なのか?」「かなり衝撃的だ!」などと驚愕している。

 なぜ、こんなことをやろうと思い、そして実現できてしまうのか――。二度見必至の驚愕ショットを放ったのは、ジョシュア・ケリーという人物だ。

 米メディアも紹介した本人公開のインスタグラムの動画では、いきなり目が点になるようなシーンから始まっている。屋外のゴルフ練習場。ピンクのシャツを着てアイアンを持った男性、その両肩の上にグレーのシャツを着た男性が裸足で立っているのだ。そして、何が始まるのかと思いきや、下の男性がアイアンでボールのリフティングを始めた。

 1、2、3回と細かいリズムで器用に叩き、5本目。ポンと急に高く打ち上げた次の瞬間だった。その間、これまた器用にバランスを取っていた上の男性が手に持ったドライバーで華麗にスイング。放たれたボールは遠くの曇り空と同化し、綺麗に飛んで行った。「フォー!」と雄たけびを上の男性。そのままぐらつきながらもバンザイし、喜びを表現させている。

 ゴルフの常識を覆すシーンに米メディアも反応。ゴルフ専門サイト「ゴルフ.com」は「あなたは誰の肩に乗って共にトリックショットを打ってみたい?」、スポーツ専門局ESPNの「スポーツセンター」は「最難関レベル」とコメントを添え、公式ツイッターに動画付きで紹介している。

「異次元レベル」「非現実的」…ファンに大反響を呼んだケリーの正体は?

 いったい、驚愕のショットを放ったのはケリーとは何者なのか。正体は米国のフリースタイルアーティストだという。Youtube、インスタグラムを中心にゴルフのトリックショットの動画を掲載。これまでも米メディアに特集されたこともあり、知る人ぞ知る“ゴルフ名手”だ。実際に今回の動画を紹介したインスタグラムでもファンの大反響を呼んでいる。

「素晴らしいコンビネーションだ」

「これは現実なのか?」

「異次元レベルと言えるな」

「非現実的だ!」

「才能と信頼関係あっての技」

「かなり衝撃的だ!」

「強烈な印象を植え付けられるな」

「笑えるな!彼らは最高だ」

「驚愕なワンシーンだ」

 このようにコメントが殺到。掲載から3日で10万以上の再生回数を数えている。これまでも、構えから放り投げて縦に1回転したパットをボールに当ててカップに入れる、飲料缶を遠くに放り投げてからスイングして空中で当てる、グラブと足を組み合わせた曲芸的リフティングからスイングする、など数々の超人的な動画で話題を呼んでいた。

 世界のトッププロもマネできないし、する意味もないであろうトリックショットの魔術師。さらに、これから人気が沸くかもしれない。