村田諒太、ゲンナジー・ゴロフキン【写真:Getty Images】

写真拡大

夢の「ミドル級頂上決戦」に障壁? アラム氏が今後を明言「東京でもう1試合、米国は…」

 ボクシングのWBA世界ミドル級で、悲願の王者に輝いた村田諒太(帝拳)。注目は今後のマッチメークに移っているが、契約するトップランク社の世界的プロモーター、ボブ・アラム氏は、村田が現在のボクシング界最強のWBA世界ミドル級スーパー王者、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との対戦を熱望していることを明言。夢のカード実現のため、最強王者ゴロフキンがクリアしなければいけないハードルが存在するという。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

 かつて疑惑の判定で敗れたアッサン・エンダム(フランス)に対し、圧巻の強さでリベンジを果たした村田。最大の注目は今後のマッチメークだ。そんな中、大物プロモーターが村田の狙う標的を明らかにしたという。

「彼らはいずれかのトップの実力者と対戦することになる。しかし、間違いなく彼はゴロフキンとの対戦を希望しているよ」

 記事では、村田が契約するアラム氏がこう明言している。37勝1分けでIBF、WBA、WBCの統一王者でもあるゴロフキンは、パウンド・フォー・パウンド(PFP)1位にランクされる怪物。9月に無敗のまま引退した3団体統一世界ライトヘビー級元王者、アンドレ・ウォード(米国)に代わるボクシング界最強男との激突を、村田は切望しているという。

 村田のミドル級最強王者への青写真を、アラム氏も頭の中に明確に描いているようだ。

「ムラタについての私の壮大な計画では、東京でもう1試合行う必要がある。これは間違いなく、凄まじく大きな試合になるだろう。日本で戦い、夏にアメリカだ。それから3試合目を行うということを考えている」

アラム氏「間違いなく多くの状況次第」、VSゴロフキン実現の条件とは?

 東京での初防衛戦は来年2月か3月、そして、米国上陸は6月か7月、秋には3戦目を予定しているという。しかし、最強の男ゴロフキンとの戦いの実現には、ハードルが横たわっている。

 記事によると、ゴロフキンは9月の前回対戦で不可解な判定でドローに終わった猛者カネロ・アルバレス(メキシコ)と来年5月にリマッチを交渉。ゴロフキンがアルバレスを倒せば、村田の悲願の決戦が実現することになるという。

「間違いなく多くの状況次第だろう。もし、カネロがトリプルG(ゴロフキン)との再戦を望まなければ、東京で試合を行うためのマネーはとんでもないものになる。東京ドームだ。それは想像が難しいね。カネロと戦い、ゴロフキンが勝てば対決は実現するだろう」

 ゴロフキン、カネロとも巨額なファイトマネーが必要な実力者。まずはゴロフキンとカネロのリマッチが行われ、その上でゴロフキンがカネロを倒すことが、村田とゴロフキンの夢の「ミドル級頂上対決」実現の条件だという。

 パッキャオ、メイウェザーらスーパースターのプロモーションを務めてきた豪腕アラム氏が村田の頂点への道を切り開くことになりそうだ。