“もしドラちゃんが彼だったら”蜷川実花、インスタ連動のドラえもん作品先行公開!

写真拡大 (全3枚)

日本の現代美術を牽引するアーティスト28組が参加し、“ドラえもんと現代アートの競演”が実現する展覧会「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」。

2017年11月1日(水)から2018年1月8日(月・祝)まで、六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリーにて開催される本展には村上隆をはじめとする日本の現代美術を牽引するアーティスト28組が参加し、ドラえもんを通じて現代アートの“いま”を切り取る。

待望の開催を来月に控えるなか、本記事では展示予定作品から、写真家、映画監督として活躍中の蜷川実花の作品を先行公開する。

◆『ドラちゃん1日デートの巻 2017』

蜷川実花は前回の『ドラちゃん1日デートの巻』同様、“もしドラちゃんが彼だったら”をテーマに作品を制作。

前回展作品『ドラちゃんと 1日デートの巻』 ©Fujiko-Pro & mika ninagawa 2002

そして、「15年前と同じコンセプトで今やるならどうなるか?」という発想から生まれた『ドラちゃん1日デートの巻 2017』では、SNSで発信することの時代感を意識している。

『ドラちゃん1日デートの巻 2017』 ©mika ninagawa ©Fujiko-Pro

会期中は写真展示に並行して、作品に登場する“デート相手”のInstagram専用アカウントから、作品写真を日々発信していく展示方法で“ドラちゃんとのデート”を表現する。

会場の作品をSNSが連動する同作品。どのような展示になるのか、注目だ。