@AUTOCAR

写真拡大

新型BMW M5 納車は来年4月〜

BMWは、新型BMW M5を、日本で発売した。

新しいM5は、Mのセダンモデルとして初めてM専用4駆システム「M xDrive」を搭載。これにより様々な路面状況で最大限のトラクションを確保するという。

パワーユニットには、新開発のターボチャージャーを採用した4.4ℓV8 Mツインパワーターボを採用。
・最高出力:600ps/5600-6700rpm
・最大トルク:76.5kg-m/1800-5600rpm
・0-100km/h加速:3.4秒


新型ドライブロジック付き8速Mステップトロニック・トランスミッションを搭載することで、走行性能と操作性を高めたのが特徴だ。
 

専用4駆システム 「M xDrive」


初めて採用されたCFRPのルーフと、筋肉質なパターンが力強いアルミニウム製エンジンフードは軽量化と強度向上に寄与。

フロントのエアインテークはパワーユニットの冷却効率の向上とともに、Mモデルのスポーティな存在感を強烈に印象付けている。

新開発のMモデル専用4輪駆動システムM xDriveは、インテリジェント4輪駆動システムBMW xDriveとアクティブMディファレンシャルをベースとして、専用設計のシステム「ドライビング・ダイナミクス・コントロール」によって制御。

さらに、車両の安定走行をサポートするDSC(ダイナミッック・スタビリティ・コントロール)が装備されており、日常の走行から、サーキット走行まで多様な楽しみ方を提供する。
 

DSC オン/オフ なにができる?

基本設定は「DSCオン・4WDモード」で、Mモデル特有の俊敏性を十分に発揮。Mダイナミック・モード(MDM、4WDスポーツ)では、リアアクスルへのトルク配分が増加し、後輪のスリップ許容量が大きくなる。

さらに、DSCオフ時に選択可能な「4WDモード」「4WD スポーツモード」「2WDモード」があり、「4WDモード」では最もバランスが良いコントロールとトラクションの組み合わせとなり、「4WD スポーツモード」ではより高い精度のステアリング特性と力強いトラクションの設定となる。

また、後輪駆動となる「2WDモード」で、クルマの挙動を制限する制御システムの介入を断ち、ドライバー自らが車両を操作する歓びをダイレクトに味わうことが可能になっている。


部分自動運転を可能とする運転支援システムを多数搭載したことも、大きな特徴となっている。

 ドライビング・アシスト・プラス
 ステアリング&レーン・コントロール・アシスト
 アクティブ・サイド・コリジョン・プロテクション
 後車追突警告
 クロス・トラフィック・ウォーニング(フロント/リア)
 ACC/アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付き)
 レーン・ディパーチャー・ウォーニング
 レーン・チェンジ・ウォーニング
 前車接近警告機能
 衝突回避・被害軽減ブレーキ
 アクティブ・プロテクション

価格は、17,030,000円。