ゼルコヴァ

写真拡大 (全7枚)

 東京の“シャンゼリゼ”と呼ぶ人もいる表参道は、季節ごとにさまざまな表情を見せる人気の並木道。この緑を借景に、ニューヨークテイストの新しいカフェがこの10月、誕生した。「ザ ストリングス 表参道」の「カフェ&ダイニング ゼルコヴァ」。ランチに最適の気持ち良いカフェの奥には、趣向を凝らしたバンケット会場もある。12月にはレストランやバーもオープン予定。未公開の場所も含めて探索してきた。

 地下鉄銀座線、半蔵門線、千代田線が通る表参道駅を出て、原宿方面に歩くと1分かからない。左側に大きなテラス席が張り出し、白い椅子が並んでいる。好天ならもちろんテラスは気持ちがいいし、家具やデザインがニューヨークの空気をまとう店内も、広々していて落ち着ける。店名のゼルコヴァは、ケヤキの意。店内にもふんだんな緑があり、まさに外のケヤキ並木の延長線上だ。スモークサーモンとアボカド、リコッタチーズのオープンサンドや、グリーンベジタブル、ポテト、バジル風味のペンネパスタなど、さっくり食べられるランチメニューがうれしい。

 このカフェの奥や、2、3階には、結婚式やイベント、会議などができるさまざまなバンケット会場がある。中には、ガラス張りのライブキッチンが併設された会場も。上階は、大きな窓全面に表参道のケヤキの緑が見える、まさに借景の部屋だ。最大410平方メートル、484人が収容できる会場もあるし、パーテーションで仕切れば、こじんまりした交流会ができそうなスペースもある。

 12月には、2階にレストランが開業する。同時期にオープン予定の地下のバーは、やはりニューヨークテイストの高級感ある内装。表参道がクリスマスのイルミネーションに飾られる頃、光のケヤキを窓の外にディナーを楽しみ、ここで一杯傾けることができそうだ。

(text by coco.g)