『ジオストーム』ポスター&予告編公開 東京に巨大な雹が降り注ぎパニックに

写真拡大

 2018年1月19日に公開されるディーン・デヴリン監督作『ジオストーム』より、ポスタービジュアルと予告編が公開された。

(参考:『ジオストーム』予告編

 本作は、相次ぐ自然災害から地球を守るために作られた、宇宙ステーションの暴走を止めるべく立ち上がった科学者の姿を描いたディザスター・アクション。ウィルス感染によって、様々な超異常気象を作り出した宇宙ステーション。やがてそれらの災害が同時多発で起きてしまう地球壊滅災害“ジオストーム”の発生まで、残された時間がわずかな中、宇宙ステーションの生みの親で天才科学者のジェイク(ジェラルド・バトラー)と、その弟で天才政治家のマックス(ジム・スタージェス)が地球の危機を救おうと奮闘する模様を描く。

 このたび公開されたポスターには、大型バス程の大きさの雹が降りそそぐ東京が写し出されている。巨大な雹は車両を押しつぶし、天高くそびえるビルをも破壊。壊れたビルは新宿にある損保ジャパン日本興亜本社ビルによく似ており、その隣にはコクーンタワーらしきビルが描かれている。

 また合わせて公開された予告編では、同時多発しすべてを飲み込む巨大な竜巻に襲われるインド、常夏の海が瞬時に氷結化したリオデジャネイロ、地底マグマによるビルのドミノ倒しが起こる香港など、世界各地の異常気象の様子が描かれる。東京・銀座にも、巨大な雹が降り注ぎ、バスに激突、銀座を大パニックへと陥れる様子が収められている。

(リアルサウンド編集部)