乃木坂46 生駒里奈、“原宿風メイク”に歓喜 「本当はこれが今やりたい自分」

写真拡大

 『NOGIBINGO!9』(日本テレビ系)の10月23日放送分では、乃木坂46メンバーが今まで挑戦したことのないヘアメイクに挑戦する企画「私1度はやってみたかったんです! 乃木坂46 初めてのヘアメークコレクション」がオンエアされた。

参考:乃木坂46メンバー、タイロケ選抜を巡って猛アピール 高山一実「タイで人気の曲を覚えました」

 同企画で生駒里奈は、タレントのぺこをイメージした原宿風メイクに挑戦。黒髪ショートヘアのイメージから一転、腰まである金髪ロングヘアで登場した生駒は、「ほんとはメイクでこのくらい毎日変えたいんですよ。だから今たのし〜」と感想を述べた。ゲストで登場したヘアメイクアーティストのピカ子は、「なんかもう本人超えちゃったね」と、生駒の変わりっぷりを賞賛。生駒も「アメリカの子供みたいなのをすごくしたくて、でもあれって今のうちしかできないじゃないですか。本当はこれが今やりたい自分で」と喜びを語った。

 続いて高山一実は、松田聖子をイメージした80年代アイドル風メイクで登場。ずっと80年代アイドルに憧れを持っていたという高山は、「今日は夢がかなった素敵な1日です」と、普段とは違う丁寧な口調でコメント。生駒が「出てきた瞬間にアイドルだって思いました」と感想を述べると、高山は「でも疲れますね。やっぱりキチンとしていると」と、慣れないスタイルの難しさを語った。

 最後に登場した秋元真夏は、芸人の平野ノラ風メイクに挑戦。肩パッド入りの真っ赤なスーツに身を包み、ジュリアナセンスを振り回しながら登場した秋元は、「ワンレン・ボディコン・舘ひろし!」と平野のネタを完コピした。平野ノラ風メイクに挑戦することを今年の目標に掲げていたという秋元。MCのイジリー岡田から「ウケ狙いなの? 本気でやりたかったの?」と問われた秋元は、「本気でやりたかったんですよ」と語り、他のメンバーが笑っている様子を見て「何で笑っているのかわからない」と苦言を呈した。また、秋元が銀シャリの鰻和弘に似ているという話題になると、秋元は「めっちゃ言われる」と同意した。秋元のメイクについてピカ子が、「元々、秋元さんはシャープなパーツがひとつもないのよ。やりたかった気持ちはわかるけど、方向性だいぶ間違ってるよね」と酷評すると、秋元は「おったまげー!」と平野のネタで応戦した。

 10月30日の次回放送では、メンバーが自作のポエムを披露する「恥ずかしい! 乃木坂ポエム」がオンエアされる。(向原康太)