坂本龍一による幻のNYライブ映像の一部が解禁に、誰にも聞かせたくなかったパフォーマンスとは

写真拡大

 坂本龍一のNYライブを収録した映画『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

 映画『戦場のメリークリスマス』『ラストエンペラー』などの楽曲を手がけ、英国アカデミー賞、米アカデミー賞、グラミー賞など数々の賞を受賞。世界的音楽家として評価されている坂本龍一。8年ぶりに発表されたオリジナルアルバム「async」をベースに2017年4月、ニューヨークのパーク・アベニュー・アーモリーで行われた限定ライブが、世界に先駆け『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async』として2017年のプレミア上映を皮切りに、日本最速上映が決定した。

 本ライブは、2日間限定200人しか観られなかった幻のパフォーマンスだ。90年代後半より、社会問題・環境問題に意識を向けるようになった坂本龍一は、音楽表現にも影響していく中、中咽頭癌と診断。1年の闘病生活を経て「async」で復帰した。映画音楽やテクノといった同期を前提とする楽曲を作ってきた坂本が行き着いた先は、「音」そのものと向き合う非同期的な音楽であった。

 今回公開された90秒の予告編では、アンドレイ・タルコフスキー監督の架空の映画音楽を書くというコンセプトの下、限定された貴重な空間が映し出されている。たった100人の観客が見守る中、ピアノやガラス板など駆使して「非同期的な音楽を作りたい」と本人が感じるまま演奏したパフォーマンスと、「あまりに好きすぎて、誰にも聴かせたくなかった」と本人のコメントから生まれた強烈なキャッチコピーによって、強いインパクトのある映像となっている。


◎『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async』予告
https://youtu.be/NSeGbbnhK3g


◎公開情報
『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async』
2018年1月27日(土)全国公開

『Ryuichi Sakamoto: CODA』『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async』プレミア上映
2017年11月3日(祝・金)19:00より2作品連続上映(途中休憩なし、22:00頃終映予定)
角川シネマ有楽町/YEBISU GARDEN CINEMA/大阪ステーションシティシネマほか
チケット:5,000円