博多華丸・大吉

写真拡大

10月23日放送の「しゃべくり007」(日テレ系)に、博多華丸・大吉が登場。タレントパワーランキングの芸人部門で3位となった二人の秘訣を探る中で、華丸の以外な希望が明らかになった。

【関連】博多大吉、友達が少ないというインテリ女子アナを「ただただシンプルに性格が悪い」とバッサリ

二人が世間から支持される理由の一つに“コンビの仲がイイ”というのがあるが、実際にコンビ結成から27年が経つものの、ケンカはほとんどしたことないという。華丸はその理由を、博多で15年の芸歴を積んできたため、相方以外に歴史を共有できる人がいないからと話す。

そんな二人が東京へ進出したのは、当時の博多ではもう刺激がなかったからだという。

華丸はドラゴンクエストに例えて「ひとつの大陸をずっとウロウロしてた」「橋を渡ってあっちの大陸に1回だけ行ってみよう」という気分だったと振り返る。

またその頃は『エンタの神様』が流行っていて、それに出られないことも理由で、大吉は、東京進出は『エンタの神様』に出て、福岡の人に認めてもらいたかったからだと明かす。

しかし結果的にまだ一度も出演したことはなく、華丸は「出たら(福岡に)帰りますよ」と、そのために帰れないでいると話す。

華丸としては東京にいるのはあと3年、「50(歳)まで」と考えていて、50歳以降もいると、博多で過ごした15年のキャリアを東京でのキャリアが越してしまうため、帰らなくていけないという。

大吉によると華丸は「東京オリンピックは福岡で見たい」と言っているという。それを聞いた上田晋也(くりぃむしちゅー)から「(せっかく今東京にいるんだから)東京で見なさいよ!」とまっとうなツッコミを入れられた。

次回は、10月30日(月)夜9:00より「深イイ話×しゃべくり007 合体SP」を放送予定。ゲストに菅田将暉、桐谷健太、ギャル曾根が登場する。