海外版Xperia XZ PremiumにAndroid 8.0配信開始、3DクリエーターなどXZ1の機能を追加
ソニーモバイルは、海外版「Xperia XZ Premium」に、Android 8.0 Oreoの配信を開始しました。

Xperia XZ Premiumは、4KディスプレイとSnapdrgaon 835を搭載したフラグシップスマートフォンです。

Android 8.0 Oreoへのアップデートにより、「実質的なXperia XZ1 Premium」と呼べるほどに機能を刷新。具体的には、Xperia XZ1に初搭載された、単眼カメラで3Dオブジェクトを作成できる「3Dクリエーター」をはじめ、笑顔をトリガーにシャッターを切る「Predictive Capture(笑顔)」、連写時に物体の動きにオートフォーカスが追従しボケを低減する「オートフォーカスバースト」、フロントスピーカーのチューニング改善による音質の向上、aptX HD対応などが新機能となります。

その他、アプリのアイコンを長押しすることで、アクションメニューに簡単にアクセスできるショートカットも追加されます。

Android 8.0バージョンアップは国・地域ごとに順次提供されます。NTTドコモ版は2017年12月以降に配信開始予定です。

『赤いっ!』Xperia XZ Premiumをドコモが発表 、高級車の色を再現(更新)