美人区議会議員・三次ゆりかの「江東区ラーメン応援宣言!」番外編 〜夫・おときた駿とダンスで共演!〜

写真拡大 (全4枚)

江東区の美人区議会議員としてメディアで話題になった三次ゆりか議員が、江東区の知られざる名物「ラーメン」を、2020年に開催される東京五輪に向けて本物の名物にするべく、江東区の美味しいラーメン屋さんを紹介する「江東区ラーメン応援宣言!」。

今回は、番外編!ラーメンは・・・食べません!!

10月21日(土)、衆議院選挙の前日のめちゃくちゃ忙しいであろう日に、なんと三次ゆりかさんと、旦那様のおときた駿さん(東京都議会議員)が、ダンスで共演するという情報がニッチー!編集部に飛び込んできたので、行ってきた!

その共演の場は、銀座ブロッサムで開催された「シーガルダンススタジオ発表会2017 vol.9」。
日頃の練習の成果をダンススクールに通う子供たちが発表するイベントなのだが、こちらに三次ゆりかさんとおときた駿さんも出演するとのこと。

会場に着き、さっそく撮影の準備をしようと思ったら・・・イベントはまさかの撮影NG!!

ということで、舞台裏を三次ゆりかさんに撮ってきてもらった。

ふたりとも、めちゃめちゃファンキーな格好である。
演目は「Fresh」。ダンスのジャンルは、ロックダンスで、謎の男T.K.さんとダンスインストラクターで振付も担当したOGUさんの4人で舞台に立っていた。

おときた駿さんは、「ニコニコダンスマスター」に出場したこともある程のニコ厨かつダンサーで、三次ゆりかさんも中学・高校とダンスをやっていたという、実はダンサーな夫婦。
本番は息もピッタリで、とても1カ月前に本格的に練習を始めたとは思えない完成度だった。
おふたりの雄姿をお見せできないのが、非常に残念・・・!

でも、どんなダンスだったか・・・やっぱり気になりますよね?
そこで、本番は撮影できませんでしたが、練習風景の映像を使用しても良いと、おときた駿さんから許可をいただきましたので、ご覧ください。

いかがでしたでしょうか?本番では、さらにキレキレで、素晴らしいダンスでした。
これからの、おふたりのダンサーとしての活躍にも期待したいですね。

≪三次ゆりかプロフィール≫
1985年、江東区東雲生まれ。
都立紅葉川高校卒。

視覚障がい者だった祖母と父親の元で育つ。
23歳で出産、いったん仕事を中断するもシングルマザーとなり起業。
預け先に困った経験から自分のように困ってる母親も少なくないのでは・・・と、公私に渡る、子育て・母親支援のイベント企画、事業支援を展開。
2015年、江東区議会議員となる。地盤、看板、カバン、学歴もなくシングルでも当選できると証明した。

公式ホームページ:http://mitsugiyurika.com/
公式ブログ:http://mitsugiyurika.com/70977/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0/
公式フェイスブック:https://www.facebook.com/yurika.mitsugi.4
公式ツイッター:https://twitter.com/MitsugiYurika