革靴やヒールでの通勤や外回りが辛い…。そんなあなたに朗報です。

国が官民連携で「スニーカー通勤」を推奨すると発表し、注目が集まっています。

ビジネスパーソンのスポーツ人口拡大を通じて、国民の健康増進を図る官民連携プロジェクト「FUN+WALK PROJECT」の第1弾として、スポーツ庁が10月2日、2018年3月から「スニーカー通勤」など歩きやすい服装を推奨するキャンペーンをスタートすると発表しました。

引用記事:政府が“スニーカー通勤”を推奨へ!ネット上「疲れにくい」「スーツに似合うの?」

同プロジェクトのターゲットの中心は「働く世代」。

運動不足を感じつつも、忙しくてスポーツをする時間のない働き盛り世代に自然と歩く習慣を身につけてもらい、スポーツ人口を拡大させるのが狙いです。全国的な運動として普及させ、国民の健康増進につなげていく予定だとか。

この発表を受けて、ネット上にはさまざまな反響が寄せられています。

「スーツにスニーカーは似合わない」「それじゃない」など否定的な声もありますが、「災害時にも良い」「通勤地獄が少しマシになる」「外反母趾とか足のトラブルも減るだろう」など、賛成意見も多く出ています。

確かに、スニーカーは革靴と比べて足にかかる負担が少ないので、通勤電車で立つのも、外回りでたくさん歩くのもとても楽になりそうですね。

さらに、革靴と比べて通気性も良いから臭いにくくなるというメリットもあり、何だか良いことずくめな気もします。

「スーツ+スニーカー」スタイルが、今後定着するかどうかが、気になりますね!

【関連記事】
【マンガ】iPhoneカップルにありがちなことを考察してみた!

【マンガ】会社に行きたくない…雨の日にサラリーマンがやりがちなこと

【マンガ】「よくスタバにいるカップル」と「頼みがちなメニュー」を考察してみた

【【マンガ】盗まれたり失くしたり…バカにならない梅雨の傘代

 

【マンガ】高速道路で「ICを行き過ぎた」ときの対処方法

「あの」ディズニーも例外じゃない!待遇改善しないと人が来ない近年のサービス業

就活生に伝えたい「ブラック企業の見極めポイント」

【マンガ】実は今も1億枚が流通!発行から17年を迎えた2000円札