浦和レッズのMF長澤和輝。ここ最近の試合では強烈な存在感を放っている【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

「すげえよ、アイツの下半身ドリブルは」(柏木陽介)

 10年ぶりのアジア王者を目指す浦和レッズで、ブンデスリーガ帰りのMF長澤和輝の存在感が増している。専修大学から加入したケルンで重心が低く、力強いプレースタイルを身につけた25歳は、22日のガンバ大阪との明治安田生命J1リーグ第30節でJ1初先発。大雨で劣悪なピッチ状態となった埼玉スタジアムで、豊富な運動量と球際における強さを存分に披露し、視察に訪れていた日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督を「いい発見だ」と称賛させた。(取材・文:藤江直人)

----------

 簡単には倒されない。派手さはない。そして、現状に決して満足しない。浦和レッズのなかで確固たる居場所を築きつつある中盤のダイナモ、長澤和輝のピッチ内外における立ち居振る舞いを注視していると、加入2年目の25歳を表現する“3つのない”が自然と浮かびあがってくる。

 迫りくる台風21号の影響でキックオフ前から間断なく大雨が降り続き、競馬にたとえれば重馬場と化した埼玉スタジアムにガンバ大阪を迎えた22日の明治安田生命J1リーグ第30節。劣悪なピッチ状態だからこそ、長澤がより大きな存在感を放ち続けた。

 長澤とインサイドハーフを組んだ柏木陽介が、苦笑いしながら試合後に発した言葉が、172センチ、68キロと決して大きくはない体に搭載された強力な武器を物語っていた。

「すげえよ、アイツの下半身ドリブルは」

 スリッピーなピッチで相手のプレッシャーを受けても重心がぶれず、バランスを崩さず、ゆえに倒れない。重厚感あふれるプレースタイルの源泉はドイツの地にあると、長澤が笑顔で説明してくれた。

「ピッチで言えば、本当に比べものにならないくらいドイツのほうがゆるいので。芝生の質がねとねとしていて滑っちゃうので、そういうなかでプレーしていくと慣れていって、滑らなくなるんですよ。そういう経験もあるので、別に埼玉スタジアムのピッチがゆるいとは思いませんでした」

 千葉県市原市で生まれ育った長澤は、八千代高校をへて2010年に専修大学に入学。すぐにレギュラーを獲得し、2年時からは関東大学リーグ3連覇へチームを導いた逸材が卒業後に選んだ道は、Jリーグではなくブンデスリーガだった。

 当時2部だったケルンへの加入が発表されたのは2013年12月。シーズンの後半戦だけで10試合に出場して1ゴールをあげて、2部優勝と1部復帰に貢献すると、2016年夏までの契約がいきなり2年間延長されるほどケルン側から惚れ込まれた。

ドイツの地で学んだ、生き抜いていくための術

 左ひざのじん帯を損傷した影響もあって、1部の舞台では11試合の出場にとどまった。それでも、日々の練習を含めて、屈強で大柄な大男たちが集うドイツの地で、小柄な自分が生き抜いていくために必要な術を学び取った。

「僕は背が低いですけど、重心が低いことが逆にストロングポイントだと思っているので。キュッ、キュッといったアジリティーみたいな部分があるので、そこを出していくことが相手にとっても嫌なことなのかなと思っています」

 簡単には倒れないから、相手のプレッシャーも必要以上に激しくなる。縦パスを受けてからターンして、強引に縦への突破を図って相手のファウルを誘った瞬間に小さくガッツポーズを作った前半終了間際のプレーは、長澤の真骨頂と言っていい。

 そして、このときの残像がガンバの守備陣の脳裏に焼きついていたからか。後半19分に生まれたMFラファエル・シルバのこの試合2ゴール目は、相手が間合いを詰めてこないと判断した長澤が放ったパスから生まれていた。

 ゴール正面から見て左側、ペナルティーエリアの外からカーブの軌道を描かせ、ゴール右隅を射抜いた鮮やかなラファエル・シルバの一撃を巻き戻していく。すると、ハリルジャパン経験者でもあるガンバのセンターバック、三浦弦太の激しいチャージを食らった長澤が、ボールを失った場面にたどり着く。

 もっとも、長澤をフォローしていった右サイドバックの遠藤航が、ガンバの縦パスをカット。この瞬間、長澤の脳裏には“ある映像”が閃いた。

「航がボールをもったときに、もう一回ボールが来る、という感じがしたのですぐに起き上がって、上手く前を向けたら、ラファが左サイドでフリーだったので。あそこから右へ切れ込んでいって、シュートを決める能力を彼はもっているので、簡単にボールを預けました」

 遠藤のパスを受けて反転し、ゴール中央へボールをもち運んだ直後だった。目の前に若干ながら空いていたスペースを自ら突くよりも、日々の練習を通してストロングポイントを知り尽くしている、ラファエル・シルバの一発にかけた。

 長澤のフィジカルコンタクトの強さを感じていたからか。三浦をはじめとするガンバの守備陣も、あえて寄せてこなかった。瞬時の判断は吉と出て、長澤がアシストをマークした。

「私にとってはいい発見だ」(ハリルホジッチ監督)

 一連のプレーは、決して派手さを伴うものではない。ハリルジャパンの10月シリーズに招集された井手口陽介、倉田秋の両MFとの壮絶なボールの奪い合いも、ガンバのカウンターになれば誰よりも早く帰陣する豊富な運動量も、どちらかと言えば玄人受けする。

「和輝のところでタメを作れるし、ボールを前へもち運べるからリズムができる」

 長澤に対する柏木の賛辞も、目立たないところでチームを縁の下から支えていることを物語る。長澤のプレーを後方から見ることの多いDF槙野智章も、こんな言葉で長澤の泥臭さを表現した。

「ボールを奪う力に関しても、ウチのチームにはいない中盤の選手なのかなと。ああいう選手が真ん中にいることは、チームにとってもかなりプラス材料になりますよね」

 もっとも、フランス語で「1対1の決闘」を意味する『デュエル』をチームのコンセプトに据える、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督の目には、指揮官が好むタイプである長澤はいい意味でのサプライズに映ったのだろう。

 埼玉スタジアムへ視察に訪れていた指揮官は、得点王争いで単独トップに立つ20ゴール目を決めたFW興梠慎三とともに名前をあげながら、長澤についてこう言及している。

「ナガサワは守備でも攻撃でもボリュームがあった。私にとってはいい発見だ。いい試合だったし、質の高さを見せてくれた選手は少なくない。このなかから、次の合宿に来る選手もいるだろう」

 ハリルジャパンは11月の国際Aマッチデーでヨーロッパ遠征を行う。10日にブラジル代表戦(フランス・リール)、14日にはベルギー代表戦(ブルージュ)に臨む代表メンバーに、大抜擢される可能性も出てきた。

 先発フル出場で勝利と10年ぶりのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)進出に大きく貢献した、18日の上海上港(中国)との準決勝第2戦から中3日。にわかにスポットライトを浴びはじめても、長澤は自身の足元をしっかりと見つめている。

「(ハリルホジッチ監督が)見てくれているのは嬉しいですけど、まずはこのチームで結果を残さないといけない。(日本代表は)その先にあることなので、目の前のことを意識してやれればいいかなと」

ミシャ監督時代は重用されずも…つらぬいていたポリシー

 上海上港戦では司令塔オスカル、中盤に下がってきたときのFWフッキの元ブラジル代表コンビ、ウズベキスタン代表MFオディル・アフメドフらをケアするために、守備に重心を置いた。

 翻って出場4試合目でJ1初先発を勝ち取ったガンバ戦は、より攻撃に比重を置いた。だからこそ、アシストを決める直前のプレーを含めて、何度かあったボールロストが長澤を満足させない。

「もちろん守備を疎かにするわけではないし、今日もハードにアタックしようと心がけていましたけど、そこから攻撃に切り替わったときにどんどん自分のよさを出そうと思っていました。しっかりと映像を見直して、また改善していきたい」

 J2のジェフユナイテッド千葉へ期限付き移籍し、武者修行した昨シーズンをへてレッズに復帰した今シーズン。選手間のヒエラルキーを重んじるミハイロ・ペトロヴィッチ前監督のもとで、なかなかJ1の舞台における出場機会を得られなかった。

 デビューを果たしたのはペトロヴィッチ監督が解任され、コーチから昇格宇した堀孝史監督体制に変わった後だった。「それでも天皇杯やACLでプレーしていたので」とJ1初先発にも特に緊張はしなかったという長澤は、レッズでの日々でひとつのポリシーを貫いてきたと明かす。

「サッカーは僕の仕事ですし、人生そのものというか、人生を懸けるものなので。試合に出る、出ないに関係なくいい準備をしてやるしかない、とずっと思っていました。ケルンから戻ってくるときに取っていただいた恩義もあるし、試合に出ていない選手が常にいい準備をすることが、出ていない選手なりのチームの貢献の仕方だと思ってきたので」

 システムが前任者の代名詞だった「可変型」から「4‐1‐4‐1」に、スタイルがポゼッション型からハリルジャパンに近い堅守速攻型に切り替えられた。変貌を遂げつつあるレッズのなかで、長澤が体現する“3つのない”はいぶし銀の輝きを放ち、アジア王者を目指すレッズで必要不可欠な存在になりつつある。

(取材・文:藤江直人)

text by 藤江直人