2017年5月の上海自動車ショーで初公開されたデザインスタディであり技術見本市的なモデルでもある「Audi e-tron Sportback」。同コンセプトカーは、2019年の発売が予定されているアウディにとって2番目の生産型EVの先駆けという位置づけ。

今回の東京モーターショーに出展される「Audi Elaine concept(アウディ エレーヌ コンセプト)」は、「Audi e-tron Sportback」をベースに、「Audi AIハイウェイパイロット」などの次世代の自動運転技術が搭載されたモデルで、 ボディライン、3つのモーターを配したフル電動のquattroドライブ、 先進的なライティング技術などは「Audi e-tron Sportback」と共通になります。

 

外観は先進性を抱かせる5スポークデザインが備えられた大径23インチホイールにより、 SUVクーペとしての力強い存在感が強調されています。全長4900×全幅1980×全高1530mm、 ホイールベース2930mmは、アウディA7に近いサイズ。

ドライバーは、センターディスプレイの下やセンターコンソールの上、 そして前後のドアトリムに設けられたタッチスクリーンを介し情報にアクセスしたり、操作したりできます。

4座の独立シートを備えたキャビンは、水平基調のダッシュボードのデザインと宙に浮いているように見えるセンターコンソールによって、広々とした印象を強調。

技術面では、ボディの前後に設置されたデジタル制御式マトリクスLEDユニットにより多彩な光の演出が行われます。さらに、細分化されたデジタルマトリクスプロジェクターは、 前方の道路に向けて文字通りマークを表示することで、 歩行者などと直接的なコミュニケーションを取ることが可能になるそう。

「Audi Elaine concept」の駆動システムは、 将来アウディが量産EVに採用が予定されているものと同じ構成。フロントアクスルに1つ、リヤアクスルに2つのモーターを設置し、4輪全てを駆動することでアウディらしいquattroモデルの1台に仕立てられています。

バッテリー容量は95kWhで、航続可能距離は500km。出力は3つのモーターにより320kW(ブーストモードでは370kWを発揮)に達し、0-100km/h加速を4.5秒でクリア。充電方法は2通りあり、150kWでの高速充電に対応するほか、 アウディワイヤレスチャージング(AWC)システムを利用し、ワイヤレス(非接触)で充電することが可能だそうです。

(塚田勝弘)

【東京モーターショー2017】アウディから4ドアクーペのコンセプトEV「Audi Elaine concept」が登場(http://clicccar.com/2017/10/24/523754/)