シンガポール在住の女子高生、ダフネさんは3Dラテアートを作るのが趣味。といっても完全に趣味の域を越えています。

1つのカップにつき、10分から20分で作るという。見事なラテアート作品は、作者のインスタグラムに投稿されており、常に多数の「いいね!」を獲得。

ラテアートを作るようになったのは2016年12月、学校の授業の一環でコーヒーに関するワークショップに参加したのがきっかけだとか。わずか1年弱でここまで完成度の高いラテアートを作っていることに驚かされます。

3Dラテアートの制作過程をブログに公開しており、牛乳を使って竹串で調整しながら巧みにキャラクターの形を作っていることがわかります。

https://periperipeng.weebly.com/latte-art

https://periperipeng.weebly.com/latte-art

https://periperipeng.weebly.com/latte-art

日本のアニメキャラも3Dラテアートに

ダフネさんのインスタグラムにはすでに多くの3Dラテアート作品が並んでいますが、とりわけ気になるのが、ポケモンやサンリオキャラクターなど、日本でもおなじみのキャラクターをよく作っていること。

投稿を見ると2016年12月にダフネさんは日本へ遊びに来ており、東京・高円寺でかわいいラテアートに出会っていることを投稿していました。ちょうどこの頃にラテアートを作り始めたとしている時です。

これからも素敵な3Dラテアート作品が投稿されるはず。ぜひダフネさんの作品は@periperipengでチェックしてください。