「The Fashion Awards 2017」

写真拡大

 英国ファッション評議会(The British Fashion Council)が、「The Fashion Awards 2017」の候補者を発表した。ジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)が最多となる4部門でノミネートされた。
 世界のファッションシーンに影響を与えたデザイナーに贈られるデザイナー・オブ・ザ・イヤーでは、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)、「ロエベ(LOEWE)」のジョナサン・アンダーソン、「ディオール(Dior)」のマリア・ グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)、「セリーヌ(CÉLINE)」のフィービー・ファイロ(Phoebe Philo)、「カルバン クライン(Calvin Klein)」のラフ・シモンズ(Raf Simons)の5人がノミネート。ロエベと自身のブランド「J.W. アンダーソン(J.W. ANDERSON)」を手掛けるジョナサン・アンダーソンは、デザイナー・オブ・ザ・イヤーに加えて、ブリティッシュ・デザイナーのウィメンズウエア部門およびメンズウエア部門、アクセサリー部門の計4部門でノミネートされた。
 スポーツウエアを再定義し、カジュアルからハイエンドに昇華させたデザイナーに贈られるアーバン・リュクス・アワードの候補者には、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」とのコラボで話題を呼んだ「シュプリーム(Supreme)」をはじめ、リアーナが手掛ける「フェンティ プーマ バイ リアーナ(FENTY PUMA by Rihanna)」や「ヴェトモン(VETEMENTS)」「オフ-ホワイト(OFF-WHITE)」「ゴーシャ・ラブチンスキー(GOSHA RUBCHINSKIY)」が選出された。
 各部門の受賞者は英国内外で働く2,000人以上のファッション業界人による投票で決定し、12月4日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われる授賞式で発表される。