『わろてんか』第21話ではてん(葵わかな)と楓(岡本玲)が藤吉(松坂桃李)をめぐって商い勝負

写真拡大

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『わろてんか』。明日放送の第21話では、てん(葵わかな)と楓(岡本玲)の商い勝負が描かれる。

(参考:『わろてんか』第21話 場面写真

 本日放送の第20話では、てんが北村屋で女中仕事をすることになり、藤吉(松坂桃李)の母・啄子(鈴木京香)はてんと楓のどちらが嫁に相応しいか、商い勝負で決めると宣言する様子が描かれた。第21話では、藤吉が間違って仕入れた古米や外米をどちらが多く売りさばけるかを競うことに。商売上手の楓がてんをリードしつつも、カレーの試食を行う斬新なアイデアでてんも果敢に挑んでいく。

 本作は、笑いをビジネスにした日本で初めての女性「吉本興業」の創業者・吉本せいをモデルとした藤岡てんの一代記を描く“愛と笑い”の物語。明治から昭和初期の大阪を舞台に、主演の葵わかなをはじめ、松坂桃李、濱田岳、高橋一生、遠藤憲一、鈴木保奈美、鈴木京香、岡本玲らがキャストに名を連ねる。

(リアルサウンド編集部)