結婚する本当の意味を周りの環境で塗りつぶしていませんか?

写真拡大


男性の言う「結婚にメリットを感じない」

近頃、そういった理由で結婚したくないという独身男性の声をよく聞きます。

どうしてメリットを感じないのか理由を聞いてみると、結婚すればまず、自分の趣味の時間がなくなる、好きなものが買えない、といった時間やお金に対する自由を奪われてしまうことを懸念してのことでした。

しかし本当に全く自由がなくなるのでしょうか?

確かに10回行っていた釣りが5回になるのかもしれません。しかし減らした分の時間はあなたの中から消えてしまうわけではないのです。たとえば釣りの代わりに、パートナーと一緒に楽しむ有意義な時間にしたらどうでしょう。釣りが5回になったとしても、まだ知らない未知の世界をふたりで創造し、そこに時間とお金を費やして共有すればもワクワクが膨らむはずです。

それに結婚したからといって自分の目指す世界観を変えなければいけないことなんてないのです。反対にあなたの世界観に賛同し、応援してくれる人がそばにいると感じることができれば、きっと結婚というふた文字も自然な形だと感じるようになります。

特に男性は孤独です。自分の考えに共感してくれて心に寄り添ってくれる女性に巡り合うと見える景色がきっと違ってくるはずです。


女性の言う「結婚する理由がわからない」

またアラサー後半からアラフォー世代の女性になれば自立している為に理想も高くなり同じように「結婚する意味ってあるの?」そう思う人もいるようです。ある意味意地っ張り?適齢期を逃した言い訳?にも聞こえます。

しかしどうでしょう。本当に一生ひとりがいいと思っているのでしょうか?

女性に生まれてきたからにはやはり男性に甘えたいという欲求があるはずです。女性は抱きしめられるだけでもパートナーとの関係に実質的な満足度が高まるといいます。どんなに強がっていても誰にも見せない弱さや表情があり、それを誰かひとりに見せれるということでとても心が潤うものです。

また女性は安心を得たい動物です。不倫や同棲といった不安要素を抱えて一時を楽しむのではなく、心安らかな日々を送るためにも「結婚」という形と証明は民法上の保証と共に必要だと感じます。


あなたの人生を豊かにする「未知の世界」を人の言葉や環境で塗りつぶさないで

人はまわりの環境で良くも悪くも心がブレることが多々あります。

特に今は不倫問題も多く「結婚するとどうせ浮気もするし愛情は冷めてしまう」と悲観的になり、婚活に一歩も踏み出せない人もいます。結婚して何十年もすればたしかに「愛」は冷めて「情」だけになるとよく言ったりするものです。

でも長い時間の中で築いた「情」とは日々の生活で自然に根付いた、絶対に他人には向けれない奥深い感情なのです。それはもともとは他人であった男女がいつしか男女の感情を超えた愛というもので、つまり「家族愛」という不動のちからと変化します。

また人によっては、育った環境やまわりの人の言葉で結婚というものをマイナスに捉えている人もいるでしょう。しかしあなたという人間はひとりしかいないのです。「自分以外の誰か」と100%同じ道をたどることはありえません。まだ自分が主役になっていない結婚を、マイナスに捉えるのをやめてみると、もっと素敵な夫婦像を描くこともできます。


「結婚」は自分を成長させてくれる最高のツール

結婚し家族が増えることで、ひとりの世界では味わえなかった世界が広がります。あらゆるイベントも、共有し合える家族の存在により、感動の幅を広げて感情豊かにしてくれます。

また結婚は、自己啓発の本や資格では決して得ることのできない人間力をも自然に養なわせてくれます。特に男性はひとり、ふたりと家族が増えるたびに家庭という小社会が固まり、いつしか守るべきものを自覚し、責任感が強くなっているものです。また家族という味方がいることで自分の心に余裕を生み出し、人間としての幅をも広げてくれるのです。


「結婚」が幸せにするのではなく「結婚」で幸せになる!

今の時代、結婚は昔とは違って世間や親への責任や負担がなくなった分、自分の思いを優先することができます。だから自分らしさを失わずにふたりで生きていける、「お相手との出会い」は人生の上でとても大切なひとつになります。結婚生活はひとりで頑張るものではありません。まず自分のことをよく理解し、何が足りないか、何を共有したいかを明確にして、お相手も理解することです。どうしても自分の意見を曲げれなくて平行線になっても、とことん話し合い、お互いを認め合うことがいつまでも心地よい存在になるための秘訣になるでしょう。

たしかに結婚はいいことばかりではありません。しかし良いことも悪いことも、家族が生み出し家族で乗り越えるからこそ、自分の人生をより豊かに彩り深くしてくれるのです。延いては家族によって自分の存在が生かされ、それは生きる力にまで繋げてくれるのです。

いつの時代も結婚するのは あ・な・た 、あなた自身です。まわりの杜撰な言葉で結婚という素晴らしい世界を未経験にしないで、自分の手で素晴らしいものにして欲しいものです。


【三澤 ルミ:結婚コンサルタント】


写真・図を含む元記事はこちら>>


■JIJICOとは?
専門家サイト『マイベストプロ』が開設する専門家による時事ネタコラムサイトです。