NPBのプロ野球ドラフト会議まで、いよいよあと2日に迫った【写真:Getty Images】

写真拡大

あっと驚く“隠し玉”…近年はソフトボール出身選手ら異色の選手ズラリ

 NPBのプロ野球ドラフト会議まで、いよいよあと2日に迫った。今年は早実・清宮幸太郎内野手が大本命に挙がり、例年以上に話題を呼んでいる。しかし、当日に“ウラの目玉”の盛り上がりを見せるのは、あっと驚く“隠し玉”指名である。近年でも、何人もの選手が脚光を浴びている。

 その筆頭となったのは、早大・大嶋匠捕手だろう。11年ドラフトで日本ハムが7位指名。プロ野球のドラフトにもかかわらず、なんとソフトボール部に在籍していた。大学ソフトボール界の逸材をプロ野球に引き入れるという前例のない試み。当時は東海大・菅野智之(現巨人)の強行指名と同等の衝撃を呼んだが、6年目までに13試合に出場し、1軍定着を目指している。

 硬式との違いでいえば、軟式、準硬式出身選手も話題になる。古くは広島の通算148勝投手、大野豊がそうだったように、稀に指名されることがある。昨年も軟式では相双リテック・菊沢竜佑投手がヤクルト6位、準硬式では帝京大・鶴田圭祐投手が楽天6位で指名を受け、菊沢は1年目に1軍デビューを果たした。

台湾出身の201センチ右腕、米大学から“逆輸入大学生”も…

 また、昨年は日本以外から指名選手で台湾・開南大のリャオ・リンレイ投手を巨人が7位指名。201センチ、125キロの超巨漢で150キロ超の剛速球を誇る。2012年に岡山共生高を卒業していた未完の大器。今季1軍登板はなかったが、無限のポテンシャルを感じさせる。

 反対に、逆輸入で指名される日本人選手がいる。メジャー経験のあった選手として鈴木誠投手は02年オリックス2巡目、多田野数人投手は07年1巡目などがあるが、名前は知れていた選手たち。米大学から指名するケースもあり、10年には南カリフォルニア大の藤谷周平投手をロッテが6位指名。4年間で1軍登板はなかったが、“逆輸入大学生”として当時は話題を呼んだ。

 日本高校野球連盟、全日本大学野球連盟の所属選手でなければ、プロ志望届の提出の義務がなく、いずれもドラフト前までは名前を知られていなかった選手が大半。その分、大きな反響を呼ぶことになる。スカウトが東奔西走し、己の眼力を信じて見つけてきた選手たち。今年もあっと驚く選手の名前が読み上げられることはあるのか。注目は尽きない。