大久保佳代子はツイている人。甲状腺腫瘍も早期発見で大事に至らず

写真拡大

 お笑いコンビ「オアシズ」・大久保佳代子(46)が“新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)にゲスト出演。『名医THE太鼓判芸能人に余命宣告SP』(TBS系)で見つかった甲状腺腫瘍が良性であったことを報告した。「健康運を占ってほしい」という大久保の依頼を受け、真言密教修験者・法演が鑑定した。

■波乱万丈だが、土壇場で救われる人生

 法演によれば、大久保は波が多いが、土壇場で救われる人生だという。「今回の甲状腺腫瘍も発見されたのが今年でよかった。2020年以降は健康運が下がり、もっと深刻な話になっていた可能性もある」と、発見のタイミングに大久保の運の強さを感じたと語る。

 それを聞いた大久保は、「甲状腺腫瘍が発見される3ヵ月前に、占い師のゲッターズ飯田(42)さんから『首とか気をつけたほうがいいよ』と助言を受けていた」と告白。これまで占いにさほど興味もなかったが「占いってもしかして当たる?」と思い始めているそうだ。

 現在、健康のために何もしていないという大久保に対し、法演は「大きな病気に至らずに発見される運命を持っているのだからこそ、1年に1回は健康診断に行くと決めて健康に留意してほしい」とアドバイスを送った。
(はく)

>>占いTVを見る

※画像出典/shutterstock