オペルのミドルクラス・4ドアクーペ『インシグニア』にラインナップされる最強モデル『インシグニアOPC』のレンダリングCGを入手しました。最高出力は現行モデル程度になりますが、軽量化により大幅なパフォーマンスの向上が見込まれるといいます。

「OPC」(オペル・パフォーマンス・センター)は、メルセデスでいえば「AMG」、BMWなら「M」モデルに匹敵する高性能モデルの称号です。新型ではノーマルより大型のエアインテークを配置、リップスポイラー、サイドシル、スポーティなリアデュフューザー、19インチ大径ホイールにBrenbo製ブレーキを備えたアグレッシブなエクステリアとなります。

現行モデルには最高出力325psを発揮する2.8リットルV型6気筒ターボエンジンを搭載していますが、次期型では2リットル直列4気筒ダウンサイジングターボを搭載します。最高出力こそ300ps〜330ps程度に留まりますが、385ポンド(175kg)もの軽量化により、パフォーマンスは大幅に向上すると言います。

2018年1月または2月にオフィシャル写真を公開、ワールドプレミアは3月のジュネーブモーターショーとなりそうです。

(APOLLO)

オペル・インシグニア新型に最強パフォーマンスモデルが追加。デビューは2018年ジュネーブ?(http://clicccar.com/2017/10/24/522791/)