『去年の冬、きみと別れ』公開日決定 岩田剛典、斎藤工、山本美月が並ぶティザーポスターも

写真拡大

 EXILE/三代目 J Soul Brothersの岩田剛典主演映画『去年の冬、きみと別れ』の公開日が、2018年3月10日に決定。あわせて、ティザーポスターが公開された。

参考:『HiGH&LOW』はなぜ盛り上がり続ける? “メディアミックス”としての新しさ

 本作は、芥川賞作家・中村文則の同名小説を、『脳男』『グラスホッパー』の瀧本智行監督が映画化したサスペンス。婚約者・松田百合子との結婚を間近に控えた新進気鋭のルポライター耶雲恭介は、本の出版を目指し、“美しき女性焼死事件”と“事件の元容疑者の天才写真家・木原坂雄大”に目を付ける。しかし耶雲は、美しく怪しげな魅力を放つ木原坂を追ううちに、いつの間にか抜けることのできない罠に迷い込み、やがて最愛の婚約者も巻き込まれてしまう……。

 “愛のために、人はどこまで変われるのか?”という言葉が添えられたティザーポスターには、岩田演じる耶雲、山本美月演じる松田、斎藤工演じる木原坂の姿が写し出されているほか、中央には、炎に包まれた女性が写ったカメラレンズが捉えられている。(リアルサウンド編集部)