ViVi専属モデルのトリンドル玲奈、河北麻友子、八木アリサ、玉城ティナ、emmaが23日、東京・ダイバーシティー東京プラザで開催された、音楽とファッションのイベント『ViVi Night in TOKYO 2017』に出演。開催前に囲み取材に応じた。ハロウィーンを前にかぼちゃを大量にストックしているという、トリンドル玲奈は「かぼちゃの煮つけを作ります」とハロウィーンの過ごし方について話し、家庭的な一面を見せた。

 『ViVi Night in TOKYO』は、ファッション誌『ViVi』の主催するイベント。昨年は10月末のハロウィーンの時期に開催され、専属モデルたちが仮装を披露するなど盛り上がりを見せた。今年はドレスコードを「DISCO」とし、それぞれ煌びやかな衣装で登場。

 トリンドル玲奈は「今回は『DISCO』ということで演出も派手で、音楽もアゲアゲな感じなので皆さんが踊る気持ちになる様にこちらも頑張りたいと思います」と意気込んだ。

 イベント当日は朝から台風21号の影響で荒れた天候で、この日の開催も危ぶまれていた。開催前には少し風の強さは残ったが、天候は回復して無事開催されることになった。河北は「皆さん、頑張って並んでくれたので最後までみんなで盛り上がっていけたら」とイベントを楽しみにして来たファンを気遣った。

 玉城は「『ViVi』モデルも増えたので、新しい感じの『ViVi』を体感して頂けたらと思います」と新モデルとして加入する、古畑星夏(21)と藤田ニコル(19)の加わる新たな魅力をアピール。

ハロウィーンの過ごし方について語ったトリンドル玲奈

 emmaは「今回は、私も好きな感じの衣装なので、皆さんとたくさん踊って、そんな1日にしたいです」と言い、八木は「毎年、この時期はハロウィーンがテーマになることが多かったのですが、今回は『DISCO』という、私たちには余り馴染みがないもですが、みんなで盛り上がろうという素敵なテーマなので踊り狂いたいと思います」とコメント。

 「DISCO」には行ったことがないと話す、彼女たち。記者がディスコについて“チークタイム”があると説明すると、「ええー! 大胆!!」などと驚きの声を上げた。

 この日は「DISCO」がテーマではあるが、ハロウィーンの時期でもある。トリンドルは「家にたくさんかぼちゃが余っているので、かぼちゃの煮つけを作ります」とハロウィーンの過ごし方について話す。

 玉城は「お仕事でクオリティの高い仮装をさせて頂くので、渋谷の様子などをテレビで見ながら家でのんびりしようかなと(笑)」と語り、他のモデルも『ViVi Night』での仮装の充実ぶりを振り返った。

 年末には旅行に行きたいと話す彼女たち。玉城は今年20歳を迎え、成人式の為に実家に帰ると言う。「周りに大人だね、と言われるのでしっかりしないとな」と大人となった心持ちを話す。誕生日には八木とともに初めてのお酒で乾杯したという。八木は旅行用の財布をプレゼント。「大人になって色んな世界を見たいと言っていたので。旅行の時、色々換金など面倒くさいじゃないですか」と先輩としての想いを語った。玉城は「初めて聞きました…素敵!」とプレゼントに込められた想いに感動した様子を見せた。【取材=松尾模糊/撮影=木村陽仁】