@AUTOCAR

写真拡大 (全5枚)

第4のモデル その姿が明らかに

その存在が8月に報じられてから2カ月。ヴァンキッシュ・ザガート・シリーズ、第4のモデルとなるシューティングブレークのフルスタイリングが、ついに公開された。

そして、限定台数ながら生産化されることも公式に認められている。


これによりザガートとアストン マーティンが生みだしたヴァンキッシュ・シリーズは、
・ヴァンキッシュ・ザガート・クーペ
・ヴァンキッシュ・ザガート・ヴォランテ
・ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスター
・ヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレーク
の4モデルとなった。

 

シューティングブレーク 真上から見ると?

合計4種類の総生産台数は325台となり、スピードスターだけが28台という構成になっている。
・クーペ:99台
・ヴォランテ:99台
・スピードスター:28台
・シューティングブレーク:99台


しかし、この4車種を気に入ったからといって、今からオーダーしてもすでに遅いのだ。
 

全325台 オーナーは決定

9月に開催されたフランクフルト・モーターショーの場で、アストン マーティンは、ヴァンキッシュ・ザガート・シリーズの4車種325台が、すでにソールドアウトしたことを認めている。


いずれもベースモデルは、ヴァンキッシュSで、パワートレインは5.0ℓ自然吸気V12エンジン(600ps)、タッチトロニックIII 8速オートマティックという組み合わせだ。

0-100km/h加速はクーペが3.5秒、ヴォランテが3.9秒。スピードスターはコンバーチブル機構の分の重量増、シューティングブレークは車体形状が異なることから、タイムはもう少し長くなるだろう。最高速度は、およそ317km/hと考えられている。
 

シューティングブレーク 予想価格は9625万円

価格は、クーペとヴォランテが、およそ£500,000(7400万円)と報じられている。


シューティングブレークの予想価格は£650,000(9625万円)。スピードスターは最も特別なモデルとなり、少なくとも£1 million(1億4810万円)は掛かるようだ。